秋の絶景!!紅葉の乗鞍ライド


Pocket

秋の乗鞍へ

直前に2017年の夏の乗鞍ライドを古いネタですがアップしました!

秋と違った趣があるので是非合わせてお読み頂ければ幸いです!


乗鞍エコーライン・スカイライン 2017 | anysense bicycle

まず始めに…2017年の夏のライドの記事です!! 色々あってモチベ低下でこのHPも放置状態でしたが…どうしてもこの乗鞍の記事は世に出したくって今更ですが更新に至りました 予め古い情報ってのを念頭にお読み頂ければ幸いです ロードバイク乗りなら一度は憧れる「乗鞍」 日本有数の山岳道路であり超超超「絶景ロード」 国道最高地点のある渋峠の2172mに対して乗鞍の道路最高地点は なんと!! …


しばしチャリ活のモチベ低下で昨年の2018年11月からほぼというか…9月に入って荒川CRの榎本牧場にしかいっていないという体たらく

ヒルクラなにそれ??状態なのですが…一年に一回ぐらい何かチャリ活の目標を作って達成したいと夏あたりからぼんやり思ってまして…

ちょうど妹二人の旦那がロードバイク乗りなので誘って「秋の乗鞍に行こう!!」という事に

後1席あるのでご近所さんの「おーしゃんさん」を誘って四名で

こんな体たらくなヒルクラ1年もしとらん体なので、今回は美味しいとこだけな「エコーライン」のみ

直前の10月に入ってすぐは「台風」という最悪の状況で…幾度となく天気サイトとにらめっこして…

最終的には「まぁ勢いでいってまえ」と(笑)

そんなこんなで男4名、実は4人全員で半年の走行距離が1000kmにも満たないという…超絶ど素人集団に成り下がった秋の乗鞍ライドなのです(笑)

今回はセレナのつもりがグレードアップして高級車エルグランドに!

写真ではギュウギュウっぽいですが、入れ方を工夫すればスカスカになります

今回はのんびりな旅路なので、5:30集合という遅さ

乗鞍行くなら日の昇ってない4時台には東京を出発したいのですが…いかんせんチャリ活しなくなって早起きしてないので却下(笑)

前回は関越練馬ICから圏央に入って中央道というルートでしたが、

今回は関越〜上信越道ルートで松本へ

これが大正解で、なんだかんだで高速に乗ったのが6時なんだけど、乗鞍観光センターに10時前には着いてた!!

帰路も全く渋滞にはまる事なく同じぐらいの時間で着いたので、これからは関越〜上信越道ルートで決定!

道中、赤城方面は雲ひとつない快晴に対して長野方面は雲が多い…

なんだか心配してたんだけど乗鞍に近づくつれ雲ひとつない快晴に車内で歓喜!

まぁ予想はしてましたが…着いた時間が遅いので「乗鞍観光センター」前の駐車場は満車なので少し離れたところに止めて用意

各々用意してスタートは10時30分ぐらいに一旦「乗鞍観光センター」へ

こんな感じでツイートしましたが…本当雲のない快晴でスタートからテンション上がりっぱなし!!

そんなこんなで、秋の乗鞍エコーラインへ出発です!!

大絶景!!秋の乗鞍エコーライン 位ヶ原山荘まで

前回の夏来た時は天気悪く雲が多かったので、まさか数百メートルで景色がいい事なんて知らなんだ(笑)

まずは三本滝のゲートを目指すんだけど…

なかなかつかないなぁ…って思ってたら

三本滝ゲートまでって5kmはあるんだよね(汗)

三本滝のゲートまでは斜度は緩やかで、よ〜〜く足が回った

そんなこんなで俺的軽快な登りで三本滝のゲートに

ここでゲートのおじちゃんから最高のお言葉を頂きさらにテンションアップ!

今日は最高の天気だよ!! 楽しんできて!!

乗鞍で仕事している人が言うんだ、間違いない!!

てな感じでボルテージは上がるのだけれども…三本滝から山荘までって、ダレた体にはつれぇぇぇぇ!!

前半から心臓ばっくばくですが(笑)

三本滝ゲートはスキー場なので少し登れば、あら大変良い景色です(笑)

この辺はスキー場なので木々がなく見晴らしよし!

ワインディングが増えてくると…

三本滝ゲートまでとは違って、斜度が上がるのでダンシングをまぜながら前進

キツイとはいってもまだ10kmも進んでないので、言うほどダーメジはない?

時折、前方に乗鞍の山頂方面が見えるのだけれども…

前に来た時は「真っ白」でな〜〜んも見えんかったのだけど、今回は大勝利の超絶な快晴!!

この辺で標高が1900〜2000mぐらいだと思われるんだけど、いやマジで紅葉真っ盛り!!

位ヶ原山荘近くなるとお決まりの風景を撮る為にちょっとだけストップ

まぁ山荘から先にもっといい撮影スポットあるんだけどね(笑)

なぜかここは知ってても撮ってしまいます

そんなこんなで位ヶ原山荘、標高2350mに到着!!

語弊力無くすぐらいの絶景の連続!!位ヶ原山荘以降の乗鞍エコーライン

まず位ヶ原山荘について飛び込んできたのはこの景色

まぁ言葉無くすわ(笑)

ここで小休憩なんだけど、ここでツイート

マジでヤバい景色です(笑)

ちなみに紅葉真っ盛りの乗鞍のバス停はこんな長蛇の列ができとります(汗)

山荘で小休憩した後、いよいよエコーラインのハイライトになる畳平までの約5kmの旅路がはじまるのです

こっから先はマジでヤバいです…何がヤバいって

あまりに絶景すぎて足は止まる、語弊力は低下する(笑)

赤子でも喋れそうな「すげーーー」「ふぁぁぁぁぁ」「やべぇぇぇぇぇ」「まじかぁぁぁぁぁ」

と、そんな感嘆語しかでなくなります(笑)

ね、言葉無くすでしょ? この景色実際に見たら

そう、ここがさっきいってた「山荘先の撮影スポット」

美しくワインディングした道が一望できる絶景ポイント!!

そして前回もやりましたが、2019年度版秋の乗鞍のミニチュア風写真!!

実は帰路で「ここだ!!」って思ってた所で撮影したのだけど…失敗しまして…無理やり別の写真で作った結果がこちらです(笑)

できれば同行者が良かった…というかおーしゃんさんがいい…

けど失敗したので、こちら知らんおっさん達です(笑)

ちなみみバスバージョンもあるのですが…ミニチュア風にはしてません

このミニチュア風って乗鞍にピッタリだと思う

めちゃめちゃデカいスケールの乗鞍って場所で、小さな人間が走る姿をなんかちょっと凝縮した感じで、けっこう気に入ってる

この撮影スポットは山荘からわずか1kmにも満たないとこ

振り返っても絶景!!

ボキャブラリーの少ない僕では「ヤバい」としか言いようがない(笑)

この先も少し進んでは止まり、パチリし、また進みの繰り返し

さっきまで語弊力なくしても2〜3語ぐらいの単語はでたんだけど…この先は「おーーーー」とか「あーーーー」とかの1語しかでてきません(笑)

いや…赤・黄色・緑と色の情報が本当に多くて…補正大変(笑)

ではなく、言葉を失います

最後の写真の所が「肩の小屋口」のバス停

ここは初夏に残雪があってスキーしているんですよねぇ…夏なのに(笑)

そしてこの「肩の小屋口」からよくみる乗鞍の写真の撮影スポット達があります

ここも多くの人が足を止めてしまう場所

標高2700m近い所からの景色は言葉で言い表せないぐらいの大絶景!!

こういう臨場感を伝えたい時、最近は動画とってアップしてたりする

静止画では伝えにくい、場の雰囲気、動きって動画だと伝わる気がする

最近のiPhoneは良く撮れるし、これからも「ここだ!!」って場所は動画撮っていきたなぁって思ってる

ちなみに蛇足ですが、夏に鳥海山行った時の動画がこちら(チャリでなく車です!)

この下ってる気持ちよさって動きがあると伝わりやすくないですか??

さてさて話を戻すと、もうここまでくれば道路最高地点である岐阜県との県境はすぐ

眼下に見える景色は先ほどとあまり変わらないんだけど…

なぜか撮ってしまう(笑)

そして県境に到着!!

ここが標高2716m

日本の道路での最高地点

実は全く時計をみてなかったんだけど…10:30にでてちょうど3時間後の13:30

この辺は前に散々写真撮ったのでお腹も空いたし早々に畳平へ

この日は長野側のエコーラインは本当に雲一つない快晴だったのですが…畳平はやや雲多く、この後スカイラインに少しだけ行く予定なのだけども…一抹の不安を感じます(汗)

すこ〜しだけ乗鞍スカイラインへ

のんびり20kmを3時間もかけて登ってきた訳ですが…

ここまできたらスカイラインを覗かないともったいない!!

という事で…昼食後にちょこっとだけスカイラインへ

このスカイラインの突き抜けるような爽快感のある道、すんげ〜〜〜好き!!

まぁ…でも雲多いっす(泣)

さてこちらが前回、俺的ロードバイクに乗っていった場所でのベストフォトなミニチュア風写真を撮った場所なのですが…

あかん…なんも見えん(笑)

高山方面から山を伝って下からどんどん雲が湧いてきて、もーどーしょーもない状態

それと実は足限界(笑)

エコーの最後でかるーく腿攣りそうになってたし…

そんなこんなでこれ以上登り返しを増やす訳にもいかんので、そそくさ退散で再び畳平へ

この雲、実は嫌いじゃない

なんというか雲がアクセントになっていて、これはこれでアリだなって思う

エコーラインで散々良い思いをしたので、スカイラインでもってのは欲張りか…

なぁ〜〜〜んて敗者の弁なのですが(笑)

まぁしゃーないってことです

この後は、エコーラインに戻って一気にダウンヒル

なのですが…

途中、今年のミニチュア風写真のスポットはここ!!って決めてた場所があって、同行者に先に行ってもらってカメラを構えて待機

で、こちらが撮った写真な訳ですが…あんまりに遠すぎて人が米粒(笑)

もーちょい寄りたい感じ

むしろ遠すぎて肉眼だと、誰か分からん状態(笑)

誰かが通ったのは分かるけど、どなたか判別できん(笑)

という事で…今年のミニチュア風写真の撮影は失敗しまして…前述したお写真になった訳です

この後は山荘で待機しててくれた皆んなと合流して一気に観光センターまでダウンヒル

登ってない=下ってないので、手はしびれるし、久々の下って怖かった

の〜〜んびりな乗鞍ライドでしたが、快晴の中の紅葉といい最高のライドでした!!

最後に・・・

久々にライドして1週間以内のアップ(笑)

こりゃーーーヤバすぎて撮った写真早く公表したいぜ!!って感じになるぐらい、最高の秋の乗鞍ライド!

この日は気温もほどよく、山荘までは半袖、以降は風が冷たく日陰だと寒いのでアームウォーマー

さすがに3000m近い畳平は寒く11〜12度ぐらい

ここでやっとウィンブレきたぐらい気温的にも最高の環境でした

昨年の11月からまったくヒルクラなしで乗鞍に突入しましたが…まぁなんとかなるもんです(笑)

ただ1200m upぐらいで足が死んでてはこの先、楽しめないので今できる範囲で少しづつまたチャリ活しようと思ってます

このサイトも随分と放置プレイしましたが…九州に自転車旅行に行った2年前は秋にも精力的に色んなトコにいってて、ここでもいっぱい伝えたい事があるので、地道にアップするかもしれないので、またお越し頂ければ幸いです

にしても…本当秋の乗鞍は最高です!!

是非、みなさんも乗鞍いってみてください!!

語弊力無くす瞬間がわかるとおもいます(笑)

Pocket

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です