絶景のビーナスライン・美ヶ原高原ライド


Pocket


ビーナスライン

こちら2017年6月14日のお話しです→更新は8月(汗)

新車導入などなどでネタをしこたま溜め込んでおりますが・・・やっとめちゃめちゃ絶景ライドで大満足のビーナスラインライドのアップです!!

もう言わずとも有名ですよね・・ビーナスライン、美ヶ原高原

渋峠と並んでいつか行きたいリストの上位に食い込む所なのではないでしょうか??

すんごく簡単ですが・・ビーナスラインの概要を

ビーナスラインは長野県茅野市街から美ヶ原高原を結ぶ全長約76kmの観光山岳道路

「蓼科高原、白樺湖、車山高原、霧ヶ峰」といった有名高原を通りながら美ヶ原高原へ

今回は時間の都合上「蓼科高原」には行ってませんが、白樺湖から霧の駅までは非常に展望が良く、気持ちの良い道

由来など気になっちゃう方は「こちら(WIKI)」でご確認ください!

一応「ビーナスライン」ってどこよ?? って方の為に地図を



ビーナスラインって色んな枝分かれした道があるので、あくまで参考程度に!!

そして「美ヶ原高原」ですが、ここは『徒歩』になります

「山本小屋」〜「美ケ原自然保護センター」間は車両進入禁止で未舗装路

「山本小屋」〜「美ケ原自然保護センター」間は、だいたい6~7kmぐらいの歩きになります

詳しくは下記のリンクで!!


美ヶ原観光連盟公式サイト

長野県美ヶ原高原広域観光のオフィシャル情報を発信している美ヶ原観光連盟公式サイトです。


この「美ヶ原高原」も素晴らしい展望で、広大な敷地に牧場があり見渡す限り空か草原という絶景な所!!

とにかくこの「ビーナスライン」「美ヶ原高原」はロードバイクに乗ったらいつか行って欲しい素晴らしい所です!!

それでは「ビーナスライン・美ヶ原の絶景ライド」に出発です!!

茅野駅発 大門街道で白樺湖へ

この日は東京は朝方のみ天気が悪く出発の時間は雨予報

実は前々日ぐらいに急遽、ここではお馴染み?のRABIさんとご一緒することになり、立川から「あずさ」の始発に

で・・・俺氏またこの立川駅でひじょーーーに重要な事に気付く・・

あーーーーっっっ!!!!
またも!!!!!
一眼レフ忘れた(滝汗)

5月の信州峠に続いての大失態!!!

特急あずさでの輪行で100%一眼レフ忘れております(笑) 二回だけど・・

という事で今回も・・iphone7でのお写真です(泣)

が!!!

実はこんな時のためにiphone7での撮影をRAWでできるように研究していたのです!!

結論から言えばiphone7+RAW撮影は非常に使える!!

下記のAdobe Lightroomアプリ内、カメラからの撮影でRAW保存できます



いずれ詳しく使用方法などアップしようとは思ってますが・・・気長にお待ちください(笑)

とにかくこれからの写真はすべてihpone7でRAW撮影したもの、とにかく通常のJPEGとは異なる非常に精細でRAWなので無劣化の補正です!!

話は逸れましたが・・・

またも遠征ライドで一眼レフを忘れ・・・ガックりしながら特急あずさに乗り茅野へ

中央線での松本方面の輪行は「特急」で行くなら『立川6:55発 → 茅野8:56着』が最短(2017年8月現在、平日のお話し)

普通に中央線最寄駅の西荻窪から始発輪行して鈍行でいっても「始発特急」との差は30分もないので本日は特急で

ちなみに余談ですが・・・

「高尾駅」まで自走し、始発に乗れば7:46着で8時からは走りはじめられます(2017年8月現在、平日の話)・・・乗り換え2回で2時間30分は電車に揺られますが・・・(汗)

正直9時にライド開始ってのは遅いのです・・・できれば最低でも8時がベストなんですよねぇ・・・

そんなこんなで輪行解除し茅野からビーナスライン(K192)で大門街道ぶつかるまで進みます

それなりに交通量があるので、K192沿いのセブン辺りから裏道へ

これがねぇ〜〜〜大正解!!

目の前は「蓼科山」でしょうか? 車は通らない!景色は綺麗!!

大門街道〜白樺湖は10kmは登るので・・・体力温存も兼ねてゆるポタ(笑)

で・・・大門街道からはひたすら登るのです・・・



本来、ビーナスラインは「蓼科高原」経由で「白樺湖」に行く事になるのですが10kmほど遠回りになります

獲得標高も300mぐらいアップするので、開始時間も遅い事からショートカットして大門街道経由で白樺湖へ

大門街道はルートラボ調べでは平均勾配は4.4%

10kmという長い距離をゆるやかな勾配を登り続けます


ワインディングもいくつかありますが、非常にゆるやか

そして始点から6.5kmぐらいで「白樺湖と書かれた石碑」が!!

が!! まだ白樺湖へは3~4kmあります(汗)

のら〜〜り登ってると・・・ちらりと湖!!

そして「白樺湖」に到着!!!

いや〜〜〜美しい湖♪

白樺湖全景が見渡せる所で小休憩して先に進みます

すぐにホテルや旅館が並ぶ所にでて・・・

この先、道なりに行けば「大門峠」という所で「ビーナスライン」とぶつかります

実はショートカットもあって「レイクサイド山幸閣」の先を左折するルートもあるのです

ただし!! 一気に勾配が上がるので注意!

700~800mぐらいですが平均で9%はあります

ん???キツくね?? と思ってましたが・・・

そりゃそうだ・・・10%余裕で超えるし12〜13%は一部あったかなぁ・・・

まぁでも景色はいいんです!!

この後、しこたま絶景ですが・・・この高原風景ってマジでアガるんです!!

で・・下記の写真の所が最後の登り

ここを超えれば「ビーナスライン」へ!!!

超絶景!!ビーナスライン 車山高原・霧ヶ峰

僕の中での今回のハイライト!

この白樺湖から「霧の駅」までの約11kmは非常に展望が良く、絶景続きのルート



まず、白樺湖から上がりきって振り返れば・・

柔らかな山容の蓼科山、そして白樺湖!

この蓼科山は美しいですねぇ〜♪

ビーナスラインの「ビーナス」は蓼科山の山容を女神に例えた事に由来するんだとか・・

本当に柔らかくなだらかな山容は本当に綺麗でここでは1枚しか掲載してませんが・・何枚撮ったことか・・(笑)

白樺湖(大門峠)から霧の駅までの約11kmの内、9kmぐらいが登り

非常に勾配は緩く平均勾配4%ちょっと

そしてここ、展望もさることながら小高い丘、丘陵というんでしょうか・・その重なりと木々がないことから

美しく重なりあう丘陵を眺めながら走れ、さらに初夏は芝の緑が本当に美しい!!

この道は本当に贅沢だ!

青い空、展望、美しい丘陵・・・何とも言えない贅沢なライド♪


そして標高1500mを超え、少しすれば茅野市街、さらに奥には南アルプスの山々

大門峠(白樺湖)から約3.4kmで「車山高原」に到着!



車山高原の所がちょーーっと登るかなぁ・・・

少しすれば八ヶ岳連峰を眺める事ができます♪


そして、大門峠(白樺湖)から約7.2kmで標高は1700mにも達し、そこには「霧ヶ峰富士見台展望台」があります

大門峠(白樺湖)側から来ると手前は「茅野市街や南アルプルの景色」

この日はiphoneでズームが光学ではなく「デジタル」なのでちょっと望遠側を使いにくく写真がないのですが・・「富士見」の名前が付いている通り、遠くには「富士山」もみえるのです♪

さらに振り返れば、先ほどまで近くに見えていた「蓼科山」

絶景を堪能し次へ進みます♪

この「霧ヶ峰富士見展望台」からわずか1.5kmでこの「大門峠〜霧の駅」間での最高の標高1800mへ

ここには「車山肩駐車場」といのがあって霧ヶ峰高原や車山の登山など楽しめるみたい♪

そしてこの先にはビーナスラインと言えばこの写真!!

うねった道が山沿いにある美しい景色!!

ロードバイク乗りさんのブログなどでよ〜く見ますよね(笑)

この美しいワインディングの途中からは「南アルプスの山々、茅野市街」の景色も堪能できます♪

先ほどの「車山肩駐車場」から約2.5kmは標高1800mから1670mへのダウンヒル

下りきればそこは「霧の駅」!

この「霧の駅」へ向かう道が、ずど〜〜〜んとストレートで非常に美しいんだ!!

そしてめちゃめちゃ気持ちい!!

下記のは下りきってから撮ったんだけど・・ね!!綺麗じゃないですか??

で・・こちらがすこ〜し早いですが本日のお昼どころ「霧の駅」


霧の駅はいわいるドライブインでレストランもあります

本日のランチは「霧御膳」1200円なり

ソースカツ丼に信州そば

さら〜〜にデザート!!

ぐふふ♡ めちゃ濃厚ソフト♪

実はまだこの時点で30kmしか走ってなく、獲得標高も900mぐらい

残りの距離は60kmと1000mちょっと登らなくてはならないのです・・・

ビーナスライン 霧の駅〜落合橋

本日の3つ目の行程はビーナスラインをさらに進み「美ヶ原高原」への登りの起点である「落合橋」まで



大門峠(白樺湖)〜霧の駅までの約11kmは9kmの緩やかな登り、そして最後の2kmぐらいの下りと割と登って下ってというはっきりとしたルート

それに対して「霧の駅〜落合橋」はアップダウン

ここの行程は約22kmで獲得標高は500mほど

ただし少し勾配は高く5〜6%、7〜8%程度も割と多いので行程も長い事から結構足を削られるかもしれません

少し早めのランチを霧の駅でして、先に進みます♪

今までの霧ヶ峰のビーナスラインは本当に遮るものがなく展望が非常にいいのに対して、霧の駅からはしばし樹林帯の走行

実はすんげ〜〜〜失念していたのですが・・・

霧の駅から約4.5kmぐらいで「八島ヶ原湿原」があるのです!

ここ霧ヶ峰湿原の中では最大で素晴らしい湿原帯を眺められたのですが・・・うん・・・帰ってから知った(笑)

ここはリベンジだなぁ・・・美しい湿原って中々見られるもんじゃないから・・・

そんな素晴らしい湿原があるとも知らず・・・

あ〜〜展望ねぇ・・・修行コースだ!

とかなんとか言いながら(笑) 先に進むのです・・・さらにこの湿原地帯は写真すら完全スルーという・・

この「八島ヶ原湿原」から1kmもしない内に徐々に遮る木々が少なくなり展望が開けてきます

そしてさらに眼下には「諏訪湖」!!

すごくいい景色ですよね!!

この写真ももちろんiphone7なんだけど、かなりローキーだったので暗部を随分と処理しているんですが・・よ〜く撮れてます♪

この後は和田峠という所まで下り

標高1630mぐらいから1500mまで下ります

で!! この和田峠から再び標高1750mまで登るという・・・

和田峠から4kmぐらい登りで「三峰大展望台」という所がピーク

この「三峰大展望台」付近は霧ヶ峰と似ていて展望も良く、素晴らしい所です♪

そしてこちらが「三峰大展望台」

霧の駅から約13kmぐらいの地点

この「三峰大展望台」も非常に景色が良く、パチリが止まりません(笑)

下記の写真はここから撮ったもの、今回のお気に入りの写真の一つ♪

この木々が無い事で見える山の形状って本当に美しいなぁ♪

「三峰大展望台」には自販もあるのでコーラ休憩して出発です!

すこ〜〜〜し走って横向けば・・

先ほどいた「三峰大展望台」がちょこんと山の上に建っているのが見えるのです♪

しば〜〜し展望のいい中を走り・・・見える景色は雄大で最高!!

この後は再び樹林帯、そして下り基調

下りきると「扉峠」

扉峠は松本へ下る事ができるK67が接続しており、この先キツイな〜とか、時間的にって感じにな場合は逃げ道にもなります

扉峠にはこんなレストランもあり・・・いや・・ビーナスラインって立派な高原地帯なのに、けっこーお店には困らない

扉峠以降もアップダウン、そして樹林帯なので展望は無し

森の雰囲気は良く、この時はまだ6月中旬なので柔らかな新緑が美しい中のライド

そしてやっと「落合橋」に


さて・・

なんでこんな何の変哲も無いただの橋をセクションの終わりにしたかというと・・・・

そう・・・こっからが一番この工程で辛い!!

なので・・本格的な登りを控えているのでここで小休憩なのです(汗)

ビーナスライン 落合橋〜山本小屋

この落合橋の標高は1600mぐらい

そして終点の山本小屋は1900mちょっとあります

距離は4km弱なので・・・

そう・・ここ平均勾配で約9%もあるのです・・・(汗)



けっこー茅野からここまでの工程って大した斜度もなく、ただただ長いだけ

それが豹変して、いっきに斜度がこっからあがるんです

おそらくここまでで獲得標高は1500~1600mぐらかと思うんですが・・終盤にきてのこの斜度はちとこたえます(笑)

まずは落合橋から、いくつかのけっこーキツイつづら折れを超え、一気に標高1700mへ

そしてその先から下を眺めると・・・

遠くにはさっきいた「落合橋」

さらに山の急斜面につづら折れの道、見えます??

けっこー急じゃないですか??

そんな所を必死にぜぃはぁ言いながら登ります(笑)


そして標高1800mの看板が見えれば残り1.5kmぐらい

そんなこんなで、ひじょーに疲弊してますが・・こんな看板見えればほぼゴール

山本小屋までの途中、こんな景色が見えて・・

あぁ・・・これからあそこまで歩くんだ・・・と思うとなんかドキドキ♪

この日の工程は、山本小屋から「美ケ原自然保護センター」まで歩くのでもちろんここは左折

そしてゴールの山本小屋に到着!!

この山本小屋の駐車場から見る景色も抜群♪


山本小屋は宿泊施設もあれば売店もレストランも自販もあります

これから6~7km徒歩になるのでここで一旦休憩♪

この山本小屋、標高が2000m近いので下界とはまったく気温が違うんです!!

この日はたしか山本小屋付近は13〜4度ぐらい

なので、暖かい飲み物でもと思い・・・とりあえず先輩のRABIさんに先を譲ったら・・・

暖かい飲み物売り切れという・・・・(笑)

ちなみにブラックは飲めないので・・・売店でお高いカフェオレを注文しました(笑)

まぁ今まで半袖で余裕でしたが・・歩いた後も長いダウンヒルになるので、アームウォーマー、レッグウォーマーにウィンブレ装着!

さら〜〜にこの日のために「折りたたみ靴」も買っていたのです!



この手の商品で有名なのは「ティンバーランドのラドラー」

ロードバイク乗りでも軽トレッキング、登山などをセットで行う方がには評判良く、探したのですが・・おそらく廃盤です(泣)

なのでアマゾンでノーブランドのこれを買ったんですが・・・・まぁクッション性はないです(笑)

アスファルトなど路面よければ問題無いんでしょうが・・・砂利道歩いてると足裏痛いかも

ただ利点は折りたためるので、オルトリーブのLサイズであれば輪行袋含め一緒に入ります

携帯性は優れているので、歩きのあるシーンではこれからも活躍するかも

そんなこんなで靴履き替えたり準備して「美ヶ原高原」へ!!!

美ヶ原高原

この美ヶ原高原、前述した通り許可された車以外の通行は禁止で徒歩のみ

ロードバイクを降りて引きながらの徒歩になります

美ヶ原高原は平坦な台地状の地形で牧場があり、広大な敷地に牛が放牧されています

また、空と平原の美しい景色に近代的な放送や通信の鉄塔などあり、その相反しそうな組み合わせがまた美しいのなんの・・・

ロードバイクを引きながら歩く場合、僕も散々調べたんですが「時間」って気になりますよね??

あくまで僕たちの場合ですが、寄り道、ゆっくり写真を撮ってですが、

山本小屋〜美ケ原自然保護センター間で約2時間程度です

距離は6〜7kmほど、全行程荒い砂利道になります

美ヶ原観光連盟さんの地図によれば、1時間30分ぐらいの工程のコースです

出典:美ヶ原観光連盟公式サイトより

さて・・そろそろ本編へ

山本小屋から出発し荒い砂利道をロードバイクを引いて歩きます

まず目指すのは徒歩で20分程度の『美しの塔』

とにかくここは雄大!!

広く青い空、緑の広大な草原

そんな中をゆっくり風景を堪能しながら歩きます

美ヶ原高原は天気の変化が激しい所でもあるそうですが・・・予想どおりというかGPVで確認してましたが、雲がちょーーっと多い(泣)

しばし歩くと・・と〜〜〜くに美しの塔が!!

そして「美しの塔」に到着!

遠くに見えるのが電波塔!

これからそこに向かうのですが・・・この自然の空間にあの異質な電波塔の組み合わせって本当に綺麗なんです♪

電波塔は「王ヶ頭」にあるので、それに向けて約30分の工程

ゆるやか〜〜に登り、標高2000mまであがります

美しの塔の先も、右見ても左見てもため息しかでないぐらいの絶景!

広大な敷地に放牧された牛とこの風景の素晴らしいのなんので・・・パチリは止まりません(笑)

こちらの写真ももちろんiphone! ちょっとアレンジしてミニチュア風写真に♪

さらに歩くと段々と電波塔がくっきりと見えてきます

王ヶ頭ホテルの所がすこ〜し急斜面でツルツルした石畳なのでSPDーSLの方は注意です!

この写真トップ画像ですが、すんげ〜お気に入りの一枚

自画自賛になってまいますが(笑)・・・もはやiphoneで撮ったとは思えない!

そして王ヶ頭ホテル前に到着!!

ここからの景色も、そりゃまたすげーーー!!!

少し小高い所なので、今まで歩いてきた道も見えるんです!!

この後は「王ヶ頭」標高2034mの石碑に行くのですが・・・なぜか迷いぐるぐると歩く事に・・・

こちらの写真はそんな中、撮ったもの、ちょうど王ヶ頭ホテルの真下辺り


迷った甲斐もあって?いい景色撮れました♪

まぁ・・実は「王ヶ頭の石碑」ってホテルの真裏辺りなんで・・迷う必要はないんですけど・・・(汗)

この王ヶ頭が美ヶ原高原で一番高い所かな?

すんげ〜〜いい眺めです!!

この後は、本当は「王ヶ鼻」まで行きたかったのですが・・時間と、まぁ折りたたみ靴じゃ足裏痛くて断念

ちなみにRABIさんはスピプレにカバーして歩いておりました

そんなこんなで「美ケ原自然保護センター」まで歩き美ヶ原高原は終了!!

美ヶ原スカイラインを下って松本へ

この美ヶ原スカイラインは某大会のルートなので、有名ですよね!

美ケ原自然保護センターから数キロは非常に展望良く、気持ちのよい道ですが・・・

松本から美ヶ原スカイラインを登った場合、なかなかの急勾配、そして樹林帯の走行なのでけっこー辛いかもです

下記の写真は少し下ってから撮ったんですが、遠くには王ヶ頭の電波塔、遮る木々が無く美しく山に這う道が見えるのです♪

この道も美しいですなぁ・・・この景色はヤバいのですが・・・本日は絶景慣れしすぎて(笑)


この後は一気に美鈴湖までダウンヒル!!

で・・ちょっと注意点

美ヶ原スカイラインは一部林道です!!
かなり道の状態悪くガレてます!
ダウンヒルの際はかなり注意が必要です!!

まぁびっくりした・・かなり道の状態悪く、慎重にダウンヒル

そんなこんなで美鈴湖に到着してパチリ♪

美鈴湖後は、「林道 湯ノ原線」で松本方面へ

ここ噂では聞いてましたが・・・いい急勾配!!

この写真じゃ分かりづらいけど・・あんま登りたくない(笑)

あまりに急勾配でRABIさんのボラのカーボンリムが熱を持ちすぎたので、途中で休憩

そんなこんなで日没前の18時30分過ぎに松本に到着し、帰りも特急あずさで東京に戻りました♪

最後に・・・

やっと・・・ビーナスライン・美ヶ原高原のライドアップできました!

いつか行きたい!と思ってましたが・・本当に行けて良かった♪

ビーナスラインのハイライトはやっぱり「霧ヶ峰」

ここの展望、雰囲気はヤバイです!

常に素晴らしい景色にアドレナリンでまくりで・・何度一眼レフ忘れた事を悔やんだことか・・(笑)

信州峠の時のiphoneの画像に、かなりがっくりして、緊急時のiphoneでのRAW撮影を少し研究してたのもあり、今回はそれに助けられた形になりました

基本僕の中でiphoneの通常のオート撮影(JPEG)は少し黄身がかっていて色温度が高い気がしてます

RAWで撮った場合、容易に色温度の変更が無劣化でできるので非常に現像時にそれは助かります

実はあまり、今回の写真の色味は好きではないのですが・・・この辺はちょっと僕の勉強不足

あまり、彩度が強く色の濃いのって好きではない・・・

まぁ・・何にせよ、このビーナスラインと美ヶ原の絶景を最低限お見せできる状態にもってけたのは良かった♪

ルート上でやっぱり厳しいのは「落合橋〜山本小屋」

ここさえ突破できる力があれば、その他は「ただ長い」だけで、景色も相まって気軽とは言えませんが・・チャレンジしがいのある絶景ルートかと思います

ビーナスラインと美ヶ原高原、是非機会があれば堪能して欲しい絶景ルートです!!

美ヶ原高原の歩きは人にもよりますが、SPD-SLでも十分いけそう

現にスピプレのRABIさんは余裕で歩いてました(笑)

それとこういった高原地帯って天気ってすごく気にしますよね??

今回、ビーナスライン・美ヶ原高原に行くにあたってツイートしましたがこんなアプリで調べました



お試し1ヶ月後は月々240円

と、ちょっと課金が痛いのですが

最近ではなかなか重宝してます

ビジュアルで行く山の各地点の天気が分かる事、それと1時間おきのピンポイント天気、登山指数

登山アプリなので、山の天気のみが痛いですが、今の所2ヶ月ほど使ってます



こちらは「天気.jp」さんのアプリですが、「てんきとくらす」というサイトでは同じような事が出来きサイトの閲覧なので無料です

もちろんGPVも駆使しますが、こういったものの併用は参考になるかもしれません

絶景ライドは遠征になる事が多いので、やはり青空の中ライドしたいので、ロードバイクに乗り始めると天気ってすごく気にします(笑)

ちょっと話は逸れましたが・・・

今回、RABIさんがご一緒してくれた事で辛い所も会話で気をそらせたので本当に助かりました♪

今度はもっと沢山のローディーさん達をここで撮りたいなぁ・・・

そんなこんなで・・本日も長くなりましたが最後までお付合い頂きありがとうございました!!

まぁ〜〜だ・・しこたまネタ残っているので・・近いうちに・・(笑)

本日のルート

Pocket

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です