展望・雰囲気・強度と三拍子揃った「七重峠」


Pocket


七重峠

みなさんこの「七重峠」って知ってます??

ローディーさんには有名なときがわ町の「堂平山(876m)」と、あまり耳にした事がない?小川町の「笠山(837m)」のちょうど間?ぐらいで「東秩父村」と「小川町」の境界辺りにある峠です。

言葉では分かりづらいので所在の地図を



近辺に「白石峠」「定峰峠」と有名な峠がある事から、いずれも近いのになかなか耳にしない峠かもしれません。

七重峠へは「林道 栗山線」「林道 栗山七重線」「林道 荻殿線」、ダートのみの「荻平笠山線(今は通行止め?)」、結局は林道 栗山線に合流しますが「林道 栗山支線」と・・

かなり多種多様にアクセスできる峠!!

さらに・・・どこもかなり強度があり・・手放しにオススメできる場所ではないのかもしれません。

今回は恐らく一番長く強度のある「林道 栗山線」での紹介になります!

その前に・・このライドは下記と同工程でいってま〜〜す! ご興味あれば是非!!


桜ライド第一弾!!物見山に近い「北浅羽の安行寒桜」

桜や紅葉というのは・・情報の速さが命なのですが・・・ もうすでに時は4月下旬・・・散ってます(汗) なので・・来年の桜ライドのご参考にでもして下さい! このライドは2016年3/22(火)のお話しです♪ えっ北浅羽ってドコよ?? って方・・・ 知らずの内に近くを通っている可能性大です! 北浅羽の安行寒桜って越辺川右岸沿いにあり・・・ …


と。いう事なので・・2016年3月22日のお話しです(汗)


林道 栗山線経由 七重峠


4/24現在、路肩の崩落で工事の為、通行止めとの情報を頂きました!
行かれる際はご注意ください!
後日、工事期日など、管轄の林業事務所に問い合わせてみます!

何はともあれ「林道 栗山線経由 七重峠」のスペックを・・

距離:5.9km

平均勾配:8.9%

獲得標高:528m

注:この数値は「国土地理院地図」から算出した数値なのでルートラボと若干差異があります。

地図も掲載しておきます!



次にど〜んな山間を走るのか分かりやすい?3Dマップは・・

*大きいサイズはこちら

そして最近おなじみ?のコースプロファイル(勾配図)

*大きいサイズはこちら

今回は「250m毎」の平均勾配を記載してます。

そして注意点!

平均勾配は実走のデータでなく、ルートラボや地理院地図の各地点の標高から算出したデータ上の参考値です!

という事で「あくまで参考」として見て下さい。

ま〜とにかく長く強度のある林道です。

こんな感じで「辛くてもオススメ」的な感じでツイートしましたが・・



おい!! みつとかいう奴!!
オススメって・・すんげ〜キツイじゃんか!! バカヤロ〜〜〜!!!

というクレームは無しの方向で(笑)

ホントに厳しい所が続きますが、林道栗山線起点から約3.5kmの絶景ポイントはオススメです!

さて、七重峠へは幾つかのアクセスルートがあるとお伝えしましたが・・・一応地図載せておきます。ご参考までに。


林道 栗山七重線 経由 七重峠


距離:4.1km

平均勾配:7.0%

獲得標高:298m



七重峠へ比較的楽に・・という場合、ときがわ方向からのアクセスなら「林道 栗山七重線」経由がいい。

但し!栗山線沿いにある「絶景ポイント」は通らないので注意!!

ま〜楽はとはいいましたが・・・ここも十分辛い部類です。

少しの下りと、平坦部分のコンビなので全体の平均勾配を下げてます。

「楽と辛い」の楽差が激しいかも。

ここの起点看板に行くまでも林道 赤木七重線経由の場合、「1.7km 平均勾配7%」ぐらいを上らされるという・・・(汗)


林道 荻殿線経由 七重峠


距離:4.2km

平均勾配:8.8%

獲得標高:377m


ここは下った事しかないんですが・・下った感覚では楽かと思ってましたが・・結構平均勾配ありますね(汗)

ただここは「この距離と上り」だけで「七重峠」に行くとこができます。

「栗山線」「栗山七重線」共に起点看板に行くまでに結構上らされます。なので表記している数値プラスαな感じなのです。

上記の2路線は起点に至るまでに疲弊するので、数値以上の辛さがあるのかもしれません。

まずは県道172号線で「赤木七重線」を目指す! 

上記で紹介してますが・・「北浅羽の安行寒桜」の後に裏道的な所で八高線沿いを走りk172に着いているのです。

途中、菜の花が綺麗でパチリ♪

ここ・・「やすらぎの家」の前なんだけど・・・あの有名な「トトロのオブジェ」って「やすらぎの家」にあるんだね(汗) 全然知らなかった・・。

このk172で「白石峠」の方まで行くのは久々!

ここ、じみ〜〜〜に上るんだよね・・・じみ〜〜に脚削られる(汗)

さて・・k172から「赤木七重線」という林道で今回の七重峠へのルートである『林道 栗山線』を目指します!

このK172からは2つのルートがあるのです・・・


七重橋起点 七重川沿いルート 林道 赤木七重線へ(激坂部類)


出典:グーグル ストリートビューより

2回も通ってますが・・・写真を撮り忘れたので一時的にスクショです。

もう「白石峠」に行かれている方は上記の写真を見てピ〜〜ン!!ときた事でしょう。

「大野特産物販売所」の手前『七重橋』の所が入口です。

あまりにオモロイ?所なのでスペックを

距離:1.3km

平均勾配:12.2%

獲得標高:168m

注:この数値は「国土地理院地図」から算出した数値なのでルートラボと若干差異があります。

地図も掲載しておきます!



そして最近おなじみ?のコースプロファイル(勾配図)

*大きいサイズはこちら

今回は「250m毎」の平均勾配を記載してます。

そして注意点!

平均勾配は実走のデータでなく、ルートラボや地理院地図の各地点の標高から算出したデータ上の参考値です!

という事で「あくまで参考」として見て下さい。

まぁ・・・勾配図を見れば分かりますが・・・酷いです(笑)

激坂とは言えないかもしれませんが・・・10%でホッとしてしまう摩訶不思議!斜度感覚マヒさせる所です(笑)

ちなみに写真は・・・いっさいありません(笑)

斜度が10%を超え15%とか当たり前の所で乗りながら写真を撮る技術など僕にはありません(笑)

ちなみに2回とも足付き無しで登坂してます。

ゴール地点は・・こんな感じ!

こちらも一時的にスクショです。

出典:グーグル ストリートビューより

ここが「林道 赤木七重線」との合流地点。ちなみに右折です!

左折すれば「白石峠 入口」へ。ちなみに左折すぐに歴史的な土木建築である「七重川砂防堰堤群」があります。


白石峠入口から「林道 赤木七重線」へ

ま〜もう言うまでも無く有名な「白石峠」入口です。

ここから約800mで下記の場所へ。これも一時的にスクショです。

出典:グーグル ストリートビューより

ここを「右折」すれば「林道 赤木七重線」に入ります。

白石峠入口からの距離・勾配を足したとしても「たぶんこちらの方が楽」です!

何はともあれスペックを

距離:2.1km

平均勾配:6.9%

獲得標高:137m

ルートラボからの数値ですが、白石峠入口を起点としたスペックです。ゴールは上記の「七重橋起点 七重川沿いルート 林道 赤木七重線へ」との合流地点までです。

一応地図も掲載しておきます。ルートの比較にはなると思います。

こちらのルートの利点は歴史的な土木建築である「七重川砂防堰堤群」を見れるという事。

詳しい事は下記のサイトがかなり詳しいのでご参照ください!


「林道 赤木七重線(上川橋まで)」~森のなかを走る気持ちいいサイクリングコース~ : 比企・奥武蔵CYCLE情報局

白石峠に入り、少し進んでいくと「 Cafe Winterland」があります。さらに上ると左側に工場ぽい建物があり、その反対側あたりに右へ折れる道があります。そこが「林道 赤木七重線」です~。 そこには「 七重川砂防堰堤群 」があるのです。 …


赤木七重線で「林道 栗山線」起点へ

いずれかのルートで赤木七重線に入ります。



上記の地図が本来の「林道 赤木七重線」のルートです。

いずれのルートも進むと下記の分岐に。ここも一時的にスクショ

出典:グーグル ストリートビューより

ここを右折するのが「林道 赤木七重線」の順路で「舘川(たてかわ)ダム」へ

左折すれば「林道 栗山七重線」に入る事ができます。

ちなみに、ここは「林道 栗山七重線」の『終点』で、起点は「七重峠」方面になります。

いずれこの「林道 栗山七重線」ルートは紹介します。

前述の通り「絶景ポイント」を通りませんが、七重峠へのアクセスは「林道 栗山七重線」の方が「まだ」楽です。

さて、林道 赤木七重線を進みましょう!

この「栗山七重線」との分岐から約1.7kmほどでピークになるので、上りは後少し!!

最初のうちは下記のような感じで日当たりも良く、気持ちの良い道です。

その後、う〜〜ん林道♪(笑)

という雰囲気の中を走り・・

しばらくすると分岐があり・・こんな通行止めが見えるかと思います(通行止め解除している可能性あり)。

そう!ここは「赤木慈光線」といい、舗装率24%の林道
ちなみにここが舗装路なら「慈光寺」に抜けられるのですが・・・

ダートだと・・・ロードバイクでは難しそう(汗)

この辺の林道の管理は「寄居林業事務所」が行っているようで通行止め情報はこちらで確認ください。

ちなみにバイクですが「林道 赤木慈光線」知りたい方は下記のリンクで!


砂と蒼空 赤木慈光線

■総延長:約5.6km ダート率:84%(1.2km舗装路) 赤木慈光線は県道273号(雲河原地区)から林道赤木七重線に抜ける林道です。 比較的整備がきちんとされており、道幅も広く、森林によって陽が遮られることもないので、時々見える景色と共に明るく楽しい林道走行を満喫できます。


さて「赤木七重線」はこの辺からぐわぁ〜〜〜っとダウンヒルになりますが・・・


こんな感じで道路の清掃をしていなければ、

杉の落ち葉?や落石があり大変危険です!!

落ち葉はスリップの原因になるし、落石は「パンク」の原因になります。

ここのダウンヒルは絶対にスピードを出さない方がいい!!

時期にもよりますが、十分注意して走行ください。

森深い林道を抜けると右方向に木々の隙間から「舘川(たてかわ)ダム」がチラチラ見えてきます。

標高が低くなると下記のような感じで路面の状態の良い所がチラホラ。

さらに下れば「林道 赤木七重線」は終了!!

ちなみに管理市町村の違いで終点には「小川町」管理起点の看板があります。

両管理区分の「管理起点」はあるんだけど・・・「終点」は見かけなかったなぁ・・・???

さて、ここから「林道 栗山線」起点に向かいます。

まだ「林道 赤木七重線」が終わっても下りきれてないのでダウンヒルはすこ〜〜し続きます。

この辺は「腰越(こしごえ)」という地域だと思うのですが、とても日当たり良く、気持ちい♪ 沿道の花々もとってもいい感じ♪


そして下りきれば!!

どど〜〜〜んとダムが!!見えてきます♪

ここは「舘川(たてかわ)ダム」というそうです。

ここ残念な事に「ダムの上部」湖は見れないんですよね・・・どうやら道が通行止めになっているようで・・・残念。

写真のダム下部近辺には「トイレ」があります。

それとこの辺は、「クマ出没注意」看板あるので、念のため、お一人の方は特に「熊よけ鈴」など携帯した方が良いかもしれません。



さて、この「舘川(たてかわ)ダム」からノンビリ「林道 栗山線」起点に向かいます。


ここ腰越(こしごえ)の集落は山深い山間部にあるんですが、本当にのどかです。なかなかいい所です♪

そんなこんなで本日の目的の「林道 栗山線」に到着です♪

林道栗山線 ここ本当にいい道だ♪

ここが「林道 栗山線」起点です!

えぇ・・最初からグィっとアップします(汗)

ここは足付き無し登坂目指しているので、やや勾配の落ち着いた場所で乗りながら撮影してます。ややブレ写真もありますが・・ご了承ください。

起点から約2kmほど道沿いには集落があり、この区間は恐らくですがお住いの方々が車で通られるので、車には注意! とはいっても平日で2〜3台、休日も変わらず(あくまで僕が2回行った時の事)。

また、下記の写真の通り、道端で作業されている場合もあります。

この辺の集落の方はホント気さくで「自転車で大変だねぇ〜」「自転車ですごいね!」とか話しかけてくれ、とても雰囲気が良く、ほっこりできる所です。

ロードバイクは、その速度が出る特性上、モラルを守らないと「ルート上の集落の方との軋轢」が生じやすいかと思います。

特にダウンヒルでは速度が出るので、周辺住民への配慮と走行に注意ください。

注意喚起はこれぐらいで(笑)

下記の写真のように斜度が落ち着く所もありますが・・基本辛いです(笑) デフォ10%以上だと思ってください。

上記の部分が「一つ目」のヘアピン下で下記の写真がヘアピン後の上り

下記のこういう平坦ちっくな写真は「楽じゃねぇ?」と思われてしまいますが・・(笑)

下記の写真が入口から「2つ目のヘアピン」の上り口。

上記の場所から上を眺めてみましょう!!

・・・・・・・(汗)
まさか・・・あそこまで・・上るの??
はい!! 二つのヘアピンで「あの」一番上まで行くのです(汗)

まー上ったらお約束の下を覗いてみる(笑)

ここは「二つ目のヘアピン」からの眺めなので、そーんな上った感ありませんが・・・3つ目のヘアピンから覗くと・・目眩がしそうです・・上りすぎて(笑)

行ったのは3月でしたが・・この入口から3つ目のヘアピン後は、たぶん「花桃」かな?沿道がすごく鮮やかでホント綺麗♪



こんなきれ〜〜〜な沿道を走り少しすると・・・

林道 栗山支線との分岐に!

この「栗山支線」は1km弱と短い林道。この後、幾つかの林道をつなげば「県道11号線」に繋がります。これ以上、林道の名前を出すと混乱しそうなんで・・割愛します(笑)

この「林道 栗山支線」分岐まで入口から約2km。やっと1/3が終わった感じなのです(汗)

この後、住宅がいくつかあるんですが、この辺は比較的ルート上でも「斜度が落ち着く所」

少しづつ展望も開け始めます。

そして、入口から約2.7kmでこ〜んな綺麗なトイレがあったりします。

このトイレを境に・・再び斜度がキツくなるのです・・

しばしキツイのが続き・・「お〜〜なんか展望が開けてきた!」って感じに♪

そう!!このカーブを曲がれば・・
ちょーオススメな起点から約3.5km地点の絶景ポイントなんです!!

まー見てくださいこの景色♪

すごくないですか??

ちなみに・・眼下に見える道は・・すでの通った所です(汗)

写真の左下に「ピンクの並木」見えません??

そう・・・そこはさっき騒いでた「花桃の3つ目ヘアピン」さんの所です・・・

眼下に見える道にフォーカスすると・・・

これが通ってきた道の全貌(笑)

ちなみに「林道 栗山線」を足付き無し登坂目指してましたが・・・

あまりの景色の美しさに・・
すでに足付きなど、どうでもいいぐらい・・ズバッと足をつきました(笑)

ちなみにここ、こーんな道になってます。

道幅狭いのでご注意を。

そしてここ、起点らへんから「山のすごく上、と〜〜〜くに、赤い鉄骨むき出しの道路が山に・・」

まさか!!あ〜〜〜んな所まで行かないだろ
と、思ってましたが・・・ここが「赤い鉄骨むき出し道路」でした(汗)

ありえん高さだったので・・あそこは違う道!と、自分に言い聞かせ・・写真撮らず・・すいませぬ(汗)

起点らへんの展望が開けている所から是非、みなさん唖然としてください(笑) えっあんなトコまで上るのって(笑)

そんなこんなで「林道 栗山線 絶景ポイント」の景色をお楽しみ下さい(笑)



この時はですね・・まだSIGMA DP2Sで単焦点の50mm(厳密には42mmぐらい)なので・・・こう・・広角でグワッと全景!!って感じで撮れなかったのですよ(汗)

そうそう、ストリートビューで見てたらこの辺「紅葉の穴場」かも! 真っ赤に染まった景色を撮影できるっぽい!! 秋に行かねば!!!

さて、もうこの時点で足付きどうこうの状態でなく(笑) すでにまったりモード(笑)

が、先を急がねばならないので出発です。

「絶景ポンント」後はこんな感じでゆる〜いですが・・

その後は・・またも10%越え連発のつら〜〜い感じです。

「絶景ポイント」から約1.6km、ぜぃはぁ〜いいながら進めば・・「林道 栗山七重線」と合流!!


もちろん上り側が「栗山線の本線で七重峠へ」

この「栗山七重線合流地点」は起点から約5kmなので、ここから後1kmで七重峠!!

そう後少しです!!

ま〜相変わらずひでぇ〜斜度を上り・・・もぅおいちゃん「坂嫌だよ(泣)」・・と泣き言を言ったかっは忘れましたが(笑)

辛いのだけは確かです(笑)

そんなこんなでゴール手前までくると・・


そうぜ〜〜〜んぶダートの「荻平笹山線」があるのです。ここMTBならオモロそうだなぁ・・・

そしてずぐに「七重峠」にとうちゃ〜〜〜く♪

ながい旅でした・・あまりの良い景色に負け足ついたけどね(笑)

さて、トップ画像でも掲載しましたが、七重峠もそこそこの展望!


ここの標高は「700m弱」で白石峠よりすこ〜し低い位置。

展望部分の両端に高い部分があるのでパノラマビューという訳ではないのです。

が、ここも中々な展望ですよ♪ 空気が澄んでいると「スカイツリー」まで見えるそうですよ♪

グループで行ったら「ずら〜〜っとロードバイク並べて」写真撮りたい所ですね♪

林道 荻殿線を下る

ここは「七重峠」。定峰側に行くならば「林道荻殿線」でぐわぁぁぁっと下ります。

途中、なかなか展望良くパチリ♪

この「荻殿線」けっこう路面が荒れてます。走行の際は十分注意してください。

七重峠からかなり下ると下記の分岐へ。ここも一時的にスクショです。

出典:グーグル ストリートビューより

右折:「林道 荻殿線」→ 定峰峠入口より少し先へ(粥仁田峠への上り口に近い)
左折:「林道 笠山線」 → 白石車庫へ(定峰峠に行く場合はこっちがいい)

今回は「荻殿線」で下ってます。なので「右折」

ちなみに後日、「笠山線」で下ってますが・・・かなり路面悪いです。落石ゴロゴロなんでかなり注意が必要です!

さてさて「荻殿線」を下りますが、やっぱり春はいいですねぇ♪ 道沿いの色合いが・・いい感じなのです♪


そんなこんなで「荻殿線」を下りきり、県道11号線へ到着!!

下記の写真は11号線からみた「荻殿線」入口

ちなみに・・11号線から荻殿線を見上げると・・

あぁぁぁ・・・上りますね(汗)

吉見町のHappy timeでの待ち合わせまで後一時間

実はこの日、正午過ぎに知人のクロスバイクカップと下のリンクで紹介した、そう!めちゃ美味い「いちごかき氷」のHappy Timeで待ち合わせてたのです・・・。


ソロ脱出!春の脚もげコースが・・残雪でゆるポタに

いつも皆さんのブログやツイッターを見て・・ 楽しそうにグループライドされている姿を見て いいなぁ・・・と、思っておりました。 そんな僕も!!やっと!!そんな時がやってきたのです♪ 相変わらずの更新の遅さで・・2016/3/15のお話しです・・(汗) 当日のメンバーはツイッターでよくお話しさせて頂いている「RABIさん」「とりにくさん」のお二人。 実は・・この日は完全なソロ脱出の日ではなく・・・


七重峠を下った時点で待ち合わせまで後一時間・・・ここは東秩父・・・Happy Timeは吉身町・・・離れてます(笑) およそ40kmぐらい?

本当は・・・「大内沢の花桃の郷」に行こうと思ってたんですが・・・時間なく断念・・来年こそ必ず!!

奇しくも上記の時と同じような場所にいたので、k11〜k254を、そりゃ〜俺的に必死に進み・・・

Happy Timeの5km手前で完全に脚が・・・無くなり・・・休憩(泣)

この時点で約120kmの1100mアップだったのですが・・・・

さらに、七重峠から一切の休憩と、朝の吉野家からお腹に何も入れてなかったので・・・いや〜ヤバかった(汗)

結局、少しお腹に入れ、休憩し30分ちょいの遅れで合流・・。

向こうもクロスバイクで荒川CRをポタして遅れ気味だったのが幸いして、そんなに待たせず合流♪

僕はコンビニで直前にお腹に入れてしまったのもあり・・食べませんでしたがクロスバイクカップルは食事系パンケーキの「ベーコンエッグパンケーキ」を!

これがね・・すんげ〜美味いんだって!!

もう一枚のパンケーキは「メープルシロップ」かけて食べるんだけど・・・隣でみている僕は・・・

もぅ堪忍してつかぁさい!!って感じ
あまりの美味そうな感じで・・(笑)

ベーコエッグの卵を割ったとろ〜〜〜りも美味そうだし・・・黄金色のメープルシロップも・・・・

あぁぁっぁぁぁもぅ・・・や・め・て・・・・・たのまなかった後悔しかないから・・・(笑)

一方の僕は・・・

先週も食べてますが・・・

そう!!めちゃウマ「こいいちご」♡

いや・・ホント「こいいちご」ハマる。夏は毎週食べたいぐらい。

帰りはクロスバイクカップルの「きゃっ♡うふふ♪」を・・微笑ましい感じで眺め(笑) もとい!!羨ましそうに(笑)眺め・・

3人で荒川CRを走って帰りました。

最後に・・成人したばかりの女子力高いスマホで撮った、お写真でお別れです(笑)






ひそか〜〜に走っている所を激写されてたようです。

最後の写真・・治水橋で別れ・・ずしゃ〜〜って下ってたら・・車道に出損ね・・戻る直前のお写真です(笑)

歩いて戻っているカッコ悪い所を激写されず・・ホッ(笑)

ちなみに、僕の撮ったお食事写真は女子力低いとダメ出しされ・・・

スマホでの女子力高い撮り方教わりました・・・歳は半分違います(笑)

最後に・・・

七重峠、ほんといい感じですよ!!

林道 栗山線でいく「七重峠」はタイトル通り「展望」「強度」「雰囲気」の三拍子揃った所です!!

特に林道 栗山線起点から約3.5kmの絶景ポイントは「すばらしい」の一言。

ここの景色を見るために「辛い思い」をしてでも上ってみて欲しい所です。

強度的に手放しに「初心者」にオススメできる所ではないですが・・・

ヒルクラに慣れてきたら是非行ってみて欲しい所です!!

秋は本当に写真見てたら「真っ赤に染まった景色」を見れるっぽいので『秋のライド、マストコース』に決定です!!

林道の名前がいっぱいでてきたので・・・混乱したかもしれません。

もし分からない所などありましたらコメントでも、ツイッターでもいいのでお気軽にお聞きくださ〜〜い!

行った感想、お待ちしてます! 辛いぞ!というクレームは無しの方向で(笑)

Twitterやってますのでお気軽にフォロー下さい♪


七重峠へのアクセルルート まとめ地図

色々な林道名が出てきたのでまとめました。ご参照下さい。


Pocket

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です