我が家にゾンダがやってきた! 2


Pocket


カンパニョーロ ゾンダ

そう・・やっと・・やっと鉄下駄を卒業したのです!!

レビューとかインプレなどという崇高な感じでなく・・ド素人の感想文程度でお願いしやす(笑)

我が愛機「コルナゴ ストラーダSL」の完成車についていたホイールは「Colnago Artemis 28」

ハブに「コルナゴ」のマークが入ってたりで好きなんだけど・・・いかんせんめっちゃ重い!!

重量知ったらテンション下がりそうで調べて無かったんだけど・・この記事を書くついでに調べてみた(完成車外しの同名品番の中古販売の情報から)!!

なっなんとぅ!!
前後で2200g・・・・
えっ??2キロ以上だったの??

ティアグラのスプロケが330gぐらいで、やたら重いクイックリリース足したら・・3kg以上の重りを背負ってたのね(汗)

ストラーダSLの105なら・・「Shimano RS010」だから300gぐらい軽かったんだよなぁ・・。やっぱり3万ケチって損した(汗)

実はホイールを変えるのは結構早い段階で決まっていたんですが・・

僕のようなド素人は脚力も体幹もない・・だからあえて重いので走って鍛えようかと・・半年は。

イメージ的には「ドラゴンボールの悟空が重りのリストバンドつけてた」みたいな(笑)

すでに1月でロードに乗り始めて半年が過ぎ・・12月ぐらいから

ホイール何にしよ〜っかな〜〜・・♪

と、考えていたんですが・・1月に入ったある日・・新着のメールが1通・・

知人:ゾンダいる???
3秒後・・
僕:はぃ?えっ??はいぃ!!もっ貰います!!!

と、あっけなくホイールが決まってしまったのです。

本当は・・安いし、ある程度軽いし「フルクラム RACING 5 LG」でいっかなぁ・・と思ってた矢先の出来事!!

そして!!

我が家にゾンダがやってくる日になったのです♪

ゾンダァ♪ゾンダァ♪・・ゾ・ン・ダ♡

あっこのタイトルは「ラテン風」にお読みください(笑)

お昼に知人宅に伺い引き取りにいく予定なんですが・・・

あまりのワクワクで・・
早朝に目がさめる(笑)
お前は遠足前の小学生かっ!!(笑)

と、言いたくなるぐらい・・ワクワクがとまらねぇ・・。

いや・・本当に心のお師匠さんには感謝だ・・マジで。この人がいなかったら、まだロード乗り半年の俺が言うのもなんだけど・・きっとヒルクラには縁が無いし、オモロく無いロード人生だったかもしれん。

そして正午・・ゾンダ受け取る♪

ちなみにウチのゾンダは型が古いものです。

恐らく2009年度のもの。今より重量が100gほど重いです。公称でたしか前後で1600gちょいです。

今よりスポークが太く、剛性がある?といったレビューを見かけました。

もちろん古い型なんで10速までです。ウチはティアグラ10速なんで今の所は困らない?

前々から言われてたんだけど・・いらなくなった「イーストン アセント2」のフロントだけオマケで貰う事に。


これフロントだけなんだけど・・リア安く手に入らないかな?? 試走したけど・・正直ド素人の僕にフロントだと違いがよくは分からなかったけど、ゾンダより柔らかい走り心地のような気がした!! VELOMAXのハブは昔ながらの方には懐かしいみたいですね!!

さらにホイールバックも付けてくださり・・

何から何まですいません!!状態に(汗)

何も考えずママチャリで行ったもんだから・・

街中を3本のホイールもってママチャリで走る変な人に(笑)

はい・・さすがに危ないんで・・次は歩きます・・反省。

スプロケ&タイヤを外しゾンダへ

そんなこんなで、帰宅し速攻タイヤ交換&スプロケ交換。

前日までにまずは「スプロケ外しの工具」をアマゾン購入!

買ったのは「バイクハンド YC-501A/YC-125-2A SET シマノ(ロックリング)スプロケット 取り付け/取り外しセット」



そして前日は「スプロケ外し&取り付け」の予習。

ライトウェイのサイトが動画付きで説明していたので主にそこを参考


ライトウェイ-自転車メンテ スプロケット交換の仕方 37

そして旧ホイールからスプロケを外しますが・・・

はっ外れねぇ・・・

マジで困った・・悪戦苦闘しすぎて用意してたカメラの存在忘れ・・写真ありません(笑)

まーここでまた役に立ったのが電子版で買った「新版 誰でもできる自転車メンテナンス」



ホントこれ助かる・・電子版だから近くにipadを置いて回す方向とか確認しながら作業。

なんとか・・ホントなんとか外せゾンダ君に移植♪

外すのは苦労したけどハメるのは簡単です!!

この後・・タイヤはめるのにも苦労し・・

予定では12時受け取り、帰宅後すぐ作業→13時30分には出発し、荒川CRでホンダエアポートまで試走の予定が!!

出発が・・15時過ぎました(汗)

遅いけど・・走りたい気持ちは抑えられない!! 試走編

この日をずーーっと待ちわびていたのです♪

作業の遅れでもう夕方といってもいいぐらいの時間ですが・・

走りたい気持ちは抑えられなく・・出発。

日没まで時間が無いので本日は「秋ヶ瀬公園」までの往復20km。

ゾンダは「万能ホイール」とか言われますが・・

ホントに・・ホント素晴らしい!!
今までがバカらしくなるぐらい走りが軽くなります!!

特に「漕ぎたし」は鉄下駄時代とまったく変わります。

今まで「う〜〜んしょ」って感じが、
「スーーーッ」っていう感じ。
かなり漕ぎだしが軽くなります。

それとハブの回転って言えばいいのかなぁ?

ホント良く回るのです。手でハブを回すって言い方でいいのかな?

クルクルと回してもすご〜くスムーズ。
旧ホイールとは回り方が段違い!!

実は走ってて思ったけど、軽さも相まって「このハブの回りの良さ」が一番驚いた。

なんというか軽いし良く回るから

大げさに言えばギアが一段軽く感じる。
そして、ケイデンスの維持が楽に感じる。

正直言えばホイールを変えたからと言って劇的に早くなれる訳でなく・・やっぱエンジンである「自分自身」が一番の要素。

それと、今までと全然負荷が違うのでホーイルを変えてから踏み込み過ぎるような気がします。

鉄下駄には鉄下駄の
ゾンダにはゾンダなりの付き合い方があるんだなと

鉄下駄からゾンダに変えると軽いから本当に巡航速度の維持が楽になります。特に30km/h以降の速度のノリがすごくいい。

だから「もっといける!!」と思ってると、いつの間にか踏み込み過ぎててバテる。

すごく大事なのは、ホイールを変えると走りが変わるから
自分の実力にあった走り方を模索すること

かもしれません。

本当に自分のロードバイクが生まれ変わったように感じます。

なので今までと同じ付き合い方をしていると、僕のように踏み込み過ぎてバテたりしちゃうんです・・たぶん。

まー最初は軽いから楽しくって「どこまでいけるんだろ?」的な感じで踏み込んじゃうと思いますが(笑)

実際僕も初めて秋ヶ瀬からの帰りに3〜4kmぐらいAve38km/hっての経験した・・疲れたけど(笑)

そんなこんなで秋ヶ瀬公園に着いた時点で16時半・・この時ツイートしたのがこちら

そんなこんなで本日は距離21km、Ave26.8km/hでした。ちなみに北風で風速6kmでした。ホイール軽くなっても向かい風にやっぱり行きはやられました(汗)

番外編 バルブキャップを変えてみた

恥ずかしながら・・デフォで付いていたキャップは走っているうち?にいつの間にか紛失し、むき出しで走っていたのです(汗)

あ〜買わなきゃと思い・・ずっと忘れていたのですが、ゾンダに変えるのでワイズロードでアルミキャップを買ってみた!

ワイズのオリジナルで300円ぐらい。色は「ブロンズ」

僕のは車体がマットブラックで「真っ黒」!!

車体では色遊びせず、ウェアで色を入れてシンプルに行こうと思ったんですが・・ウェアも真っ黒・・・

全て真っ黒状態に(笑)

こういった細かいアイテムは統一感を出すために「車体色」や「ウェア」などどこかに共通感が欲しいのですが・・

真っ黒なんで全部(笑)

少し遊び心で、あまり目立たない「ブロンズ」にしてみました。

こういうアイテムは安いんで、まだ手を出して無い方は是非♪

最後に・・・

なぜかウチで一番見られているコンテンツになった「タイヤ ネタ」でも散々いいましたが・・

ロードバイクのタイヤをコンチネンタル GP4000S2に変えてみた

愛機コルナゴ ストラーダSLのデフォルトタイヤ「コンチネンタル ウルトラスポーツ2 25c」から「コンチネンタルGP4000S2 23c」に変更 愛機コルナゴ ストラーダSL ティアグラが納車され2ヶ月経ちました。 購入してからずーーと気になっていたのですが・・ デフォルトのタイヤである「コンチネンタル ウルトラスポーツ2 25c」 なんか重厚感がありすぎてスマートじゃない!!

まず初心者が手に出しやすいタイヤの変更は劇的とまでは言いませんが、

あ〜ホントに変えて良かった♪

と思えるパーツの変更。

あの時も、いたく感動しましたが・・・

ホールの変更はど肝を抜かれるぐらい、すんげ〜変わります!!

特にヒルクラしていると重量は直接自分にその重りが跳ね返ってきます。

その後、峠登ってホント思いました。

軽いは正義だ!

このド素人の僕が平均勾配7%の峠を余裕でギア一枚余らせて上れたんですから・・。あっていっても28Tなんで・・25Tで上れたって事です(笑)

「軽くなる=早くなる」という訳ではありません! この後身をもって知りました(笑)

ですがホイールが軽くなれば、上りが楽になるのは実感

あくまで私見ですが、僕はロードバイク購入後の半年は「初期の修行期間」だと思ってます。

科学的じゃない体育会っぽい言い方ですが(汗)

最初から軽いホイールで楽しちゃアカン!

とにかく鉄下駄で走って走って、上って、上って

まずは基礎体力を身につける事

とにかくそんな事を思って半年、ホイールを変えませんでした。

楽しみは人それぞれです。のんびりポタったっていいし、峠で足付きながら上ったっていいんです。

ロードに乗ったから「早く走らないといけない!」って事は無いと思う。

あくまで自分のスタイルをまずは見つけるべきだと思う。

僕は自分の足で「早く色んな所へ」

結局のところ、僕はそんな事を目指しているので・・最低でも基礎体力が欲しいのです。

ちなみに僕は「のんびりポタ」も大好きですよ♪

今回はたまたま知人が古い型ですが「ゾンダ」を譲ってくれ、新しい翼を手に入れましたが・・

本当にお師匠さんには心から感謝です!

ヒルクライムの楽しさを教わり、ホイール譲ってもらい・・たぶん一生頭が上がりません(笑)

是非まだホイール変えて無い方は検討してみて下さい!!

さらに走りが楽しくなりますよ♪

初めてホイール変える時に悩みそうなものたちを載せておきます♪ ご参考までに。





Pocket


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 thoughts on “我が家にゾンダがやってきた!

  • RABI

    新ホイールの驚き・楽しさの記事は読んでてやっぱいいですね。
    自分もホイール変えてホントにヒルクラが楽しくなりました。
    俺つえええみたいになりますw

    >最初から軽いホイールで楽しちゃアカン!
    これ重要です。
    鉄下駄で激坂に撃退されて悔しさで鍛えて、最後に最終兵器で打ち負かすという、
    このプロセスを踏んだほうがより楽しめます。

    • anysense Post author

      言葉ったらず&ボキャブラリー少なめ成分な僕の意図を!!
      そして、そう!それが言いたかったの!!的な感じです(笑)
      補足ありがとうです♪
      鉄下駄使いまくった方がホイール変えた時の感動が大きくなると思うし、
      RABIさんの言ってた「プロセス」ホント僕は重要だと思うのです。
      Sugeeeeeee!!的な文章は、書いてる側も気持ちが蘇り楽しもんです♪
      俺的には「ヒルクラ」さらに楽しくなってきました。
      M男ですから(笑)