越生にある樹齢約1000年のクスノキ。大クスの木ヒルクライムコース


Pocket


はじめに・・・

この「大クスの木ヒルクライム」は前回の「笹郷ヒルクライム」の帰りに行きました。

写真の点数が多いので分割してます!

この所、越生のヒルクライムコースを紹介してますが、こちらでも改めて

越生はサイクリストを誘致している町でサイクリングマップがあるのです!

しかも全8コースのヒルクライムコースまであるのです。

そのコースの内容は・・・

  1. 笹郷ヒルクライムコース:3.4km→詳しくはこちら
  2. 猿岩ヒルクライムコース:6.0km→詳しくはこちら
  3. 梅本ヒルクライムコース:6.2km→詳しくはこちら
  4. 龍ヶ谷ヒルクライムコース:4.1m→未走。
  5. 滝ノ入・桂木ヒルクライムコース:3.4km→詳しくはこちら
  6. 赤坂小便小僧ヒルクライムコース:1.4km→未走。
  7. 麦原あじさいヒルクライムコース:1.2km→未走。
  8. 大クスの木ヒルクライムコース:4.3km→今回紹介するコース!このまま下へ♪

と、このような感じでヒルクライムのコースが紹介されているのです。

さて、今回は「大クスの木ヒルクライムコース」ですが・・

正直、これ単体では『ヒルクライム』としてはかなり物足りないはず。

なので「奥武蔵グリーンラインの帰り」とか「白石峠に行く前or帰り」、僕のように笹郷線とセットで行くといいかも。

ド素人の僕が「物足りない」というぐらいなので・・坂大好きっ子のヒルクライマーには「上谷の大クス」を見る為の「観光路線」もしくは勝手に造語しますが「ヒルクラポタ」な感じです。

このコースの何がおすすめかと言うとやっぱり「樹齢1000年以上のオオクス」です。

トップの写真がそれにあたりますが、すんげ〜巨木。

本来クスノキは温暖な気候を好むそうで、山深いやや気温の低い越生のような土地で成長するのは珍しいそうです。

この「大クス」は越生に行ったら是非行って欲しい。

生命力にあふれ、天高くそびえる木は圧巻の一言。本当素晴らしい。

ボキャブラリーの少ない(笑) 私なんぞの言葉ではチープに聞こえてしまうので、その目で是非!!

実はこの「上谷の大クス」、埼玉県の「LOVE bicycle SAITAMA」でも紹介されてます。記事へはこちらから

このページのルート見て思ったんだけど・・・

物見山から退屈な172号線行くより、「上谷の大クス」のある「林道 楠線」終点から「さいたま梨花カントリークラブ」を抜けると「ときがわBASE」の先にでるから白石峠行く時なんかは、アップがてらかる〜く上って白石峠に行くのは結構いいかも。

これって結構有名なのかな?? ちょっと白石峠に今度行く時はこのルートにしよう♪ 一応下部の地図に記載しておきます。

てか・・ユージさん・・ほぼ女性しかいないツーリング・・企画とはいえイケメンは違いますなぁ・・(笑)

おいちゃん、こんなに綺麗なお姉さん沢山いたら緊張して走れません!(笑)

「LOVE bicycle SAITAMA」のトップページへは下記のバナーから♪

”カワゴエール”

あっ!!ちなみにここは「初ヒルクライム」には勾配や距離共に楽な部類なので

初めてヒルクライムに挑戦するのにおすすめルート♪

改めて後で紹介しますが、初心者は「最勝寺を起点」に! 少しでも強度ある坂を求める方は「林道 楠線 終点」から入るとオモロい!

大クスの木ヒルクライム

ちょっと前置きが長くなりました・・

この「大クスの木ヒルクライム」のコーススペックですが・・

距離:4.1km

平均勾配:0.91%

獲得標高:150m

次にど〜んな山間を走るのか分かりやすい?3Dマップは・・

*大きいサイズはこちら

そして最近おなじみ?のコースプロファイル(勾配図)

*大きいサイズはこちら

今回は距離が短いので「250m毎」の平均勾配を記載してます。

そして注意点!

平均勾配は実走のデータでなく、ルートラボや地理院地図の各地点の標高から算出したデータ上の参考値です!

という事で「あくまで参考」として見て下さい。

とにかく「最勝寺を起点」にした場合は楽な部類です。ただ「林道 楠線 起点」から「上谷の大クス入口」まではそこそこ上ります。

「LOVE bicycle SAITAMA」のページよれば斜度15%あるらしい。けど本当に距離が短いので僕のようなド素人でもダンシングでひょいっと上がれます。

コースプロファイル(勾配図)を見れば分かりますが、楠線の終点に向けては結構、急な部類の坂を下ります。道自体は最近?舗装されたような綺麗な路面ですが、小枝など散乱しているかもしれないので、初心者は注意!

前述したけど強度を求める方は「大楠線 終点」から入るとオモロい。コースプロファイル(勾配図)を見れば分かりますが7〜11%程度の上りがあります。短いけど。いい感じにグィっと上がるヘアピンがあります。3Dマップ見るとよ〜く分かります。

そんな感じでコース概要はこのぐらいにして(笑) 本編へ!!

大クスノ木ヒルクライム スタート 最勝寺から

まず、上記の場所が「大クスの木ヒルクライム」のスタートです!

越生駅から「越生梅林」方向に進めば上記の場所に着くはず。

僕のように笹郷線から戻り「大クスの木ヒルクライム」のスタートに行く場合は「越生町自然休養村センター」のすぐ先を左折、スタート地点は「小学校の裏手」にあるようなイメージで進むといいかも。

というか前述したように僕は「笹郷線」の帰りに行ったのだけど・・12月上旬も終わろうとしているのに61号線から越生駅方向に向かっていると・・

まだまだ紅葉が綺麗なのです♪

さて、スタート地点のすぐ脇には「最勝寺(さいしょうじ)」というお寺があります。このお寺の駐車場にトイレがあります。

最勝寺の横を進むと「大豆工房みや」というお豆腐屋さんがあります。ここの「越生美人」は2015年度モンドセレクション金賞を受賞したようで、いつか食べてみたいのです。この越生美人「豆乳に浸っているお豆腐」みたいでお好みで付属の「塩」か「お醤油」で食べるんだって!!

さらに・・豆腐を食べ終わったら残ったお汁(豆乳)をご飯にお醤油と一緒にかけると!! 旨いらしい。

「大豆工房みや」を過ぎると「ゆず畑」が! そしてここから少し山間の林道を上っていきます。



距離も短い上りなので、そんなに辛くないハズ。初ヒルクラで来た方はゆっく〜〜〜りノンビリ上りましょう!

上り終えると目の前に白い大きな建物が見えてきます。スタートから約600mぐらい。

ここは直進。ちなみに左折すると「林道 山入支線」。山入支線は進めば「麦原あじさいヒルクライムコース」の途中に出ます。近くには「あじさい山公園」があります。

白い建物を直進すると少しずつ上りに!



そしてスタートから1.3kmぐらい進めば「林道 楠線の起点」に!

ここを右折して林道 大楠線に入るのですが、ここから約200mはそこそこ上ります。恐らくここが斜度15%という事なんでしょう。

まず右折するとグィっと勾配アップなので右折前に坂に慣れて無い方はインナーに確実にしておきましょう!

下記のような所を上りきれば・・

上りきった所の下記の場所がひとまずのゴール!

ここから今回の目的地の「上谷の大クス」に向かいます!

上谷の大クス

少しキツめの坂を登りきると左方向に下記のようなほそ〜〜い道が見えます。

結構、急なので基本は手押しがいいかも。僕はダンシングでひょいっと上がりましたが・・すんげ〜道幅狭いです。

こんな感じを上ってきます。

ちなみに手押しでもやや滑りやすいかと思われるので十分注意!

目の前に廃墟っぽい白い古民家が見えたらその裏手が「上谷の大クス」です!

ちなみにバイラックありです。

バイラックの近くにはベンチがあって「大クス」の全景が。

ウッドデッキに上がれば間近で「大クス」を見る事ができます。

本当に生命力のあふれる素晴らしいクスノキ。初めて見るとその大きさにきっと驚くはず。

下記の看板にも記載ありますが、クスノキが関東の山間部で育つのは珍しいそうです。

ちなみにSPD−SLだとウッドデッキは、かなり滑るので本当に注意して歩いてください!

ボキャブラリーの少ない僕の言葉ではこの感じた「すげ〜感」お伝えできなそうなんで・・写真でお楽しみください(笑)





そしてウッドデッキからの展望は・・

とにかく静かでとても気持ちのいい場所。

すごく昔に「屋久島」にいって色んな高樹齢の杉を見たけど、またそれとは違った空気感とクスノキの躍動感が素晴らしい場所。

是非!越生に行ったら訪れて欲しい場所。

ちなみに「大クス」入口付近から空を見上げると・・

こんな感じで「大クス」の大きさを実感できます。

上谷の大クスから下る

もうこんだけ堪能してしまうと、ヒルクラなんて言えない・・(笑)

やっぱり・・うん・・観光路線がヒルクラちっくなだけだ(笑)

さて、上谷の大クスを後にして「林道 楠線の終点」に向かいます。


しばしこんな感じで少し上り、楠線のピークに。

スタートから約2.5kmでピークに達し、標高は267mぐらい。

ピークからは一気に下ります。

結構勾配がキツいのでダウンヒルの際は要注意。

前述してますが、強度を求めたいなら「今回とは逆、終点〜起点」のルートの方が面白い。



そんな距離はないのですぐに「林道 楠線 終点」に到着!

順路は「右→右」だけど、左折すれば「さいたま梨花カントリークラブ」でそこをを抜けると「ときがわBASE」の先に出る。詳しくは「LOVE bicycle SAITAMA」のページで!

楠線の終点の目の前が「ゆず畑」でこの時期はすんげ〜いい匂い♪

ゆずの香りがするライドってなかなか乙なもんです♪

さて、この先はゴールに向けてひたすら下るだけです。結構、気持ちの良い道で静かな森や住宅街の中を走ります。


そしてゴールに到着!!

帰りは越生梅林から

「上谷の大クス」でけっこうノンビリしてしまい、夕暮れ時に・・。

帰りは越生駅方向に向かえば自動的に関東三大梅林の一つらしい「越生梅林」の脇を通る。

しばし下記のような所を抜け・・

視界が切り開けると、度々美しい紅葉がまだ残ってて・・


そして「越生梅林」で綺麗な夕日になり・・

本日はここでおしまい! 再び越生から輪行で帰宅しました。

最後に・・・

「上谷の大クス」近くに行ったら是非見に行って欲しい。

あの巨木と躍動感のある木は本当に美しい。

正直、ヒルクラとしてはさほどの強度なくサクッと行けるはず。

何度も言いますが・・「大クスの木ヒルクライム」はヒルクライムを楽しむので無く、「上谷の大クス」を楽しむものかも。

白石峠につながる172号線にも「さいたま梨花カントリークラブ」を抜ければ行けるみたいだし、白石峠の行きor帰りに立ち寄るのがおすすめかな

越生はホントいい所です。2月末は「越生梅林」の1000本の梅を眺め、6月は「あじさい」。同時にヒルクラも楽しめるし♪

「パン工房しろくま」までは良く耳にしますが、是非それ以降も僕が勝手に呼んでる「梅本線・猿岩線・笹郷線」の越生最凶の三兄弟の林道もあるので行ってみてください。

サイクリングマップにない、名もなきヒルクラコースもあるみたいなので、いずれまた行って紹介したいと思います!

前に言いましたが・・いずれ「越生ヒルクラマップ」作ろうと思ってます・・なが〜〜い目でお願いします(笑)

大クスの木ヒルクライム 地図



Pocket

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です