越生 滝ノ入・桂木ヒルクライム 2


Pocket


越生でヒルクライム

越生町って積極的にサイクリストを誘致しているのって知ってます?

調べて行くと「越生町サイクリスト誘致検討委員会」ってのもあるみたいなのです。

実際、越生町のHPには「サイクリングMAP」もあり、しかも全部で8つのヒルクライムコースも紹介されているのです。

そのコースの内容は・・・

  1. 笹郷ヒルクライムコース:3.4km→詳しくはこちら
  2. 猿岩ヒルクライムコース:6.0km→詳しくはこちら
  3. 梅本ヒルクライムコース:6.2km→詳しくはこちら
  4. 龍ヶ谷ヒルクライムコース:4.1m→未走。
  5. 滝ノ入・桂木ヒルクライムコース:3.4km→今回紹介するコース。詳しくは下へ!
  6. 赤坂小便小僧ヒルクライムコース:1.4km→未走。
  7. 麦原あじさいヒルクライムコース:1.2km→未走。
  8. 大クスの木ヒルクライムコース:4.3km→近い内にアップします。登坂済み。

と、このような感じでヒルクライムのコースが紹介されているのです。

ごらんの様に、結構今まで越生の林道を上っているのです。

全て完走した際には『越生ヒルクラマップまとめページ』作ろうと思ってます。期待せずなが〜〜い目でお願いしやす(笑)

何度か言ってますが、なんで僕が越生から始まるヒルクラをしているのかというと、

自走の際に荒川CRからのアクセスがいい事!

本当俺的、気楽に来れる・行ける場所なのです。

荒川CRの笹目橋起点で物見山を経由すると越生まで約50km。

荒川CRから一般道に入っても休日でもさほど車の通りが多く無く、サクサク進めるんです。

物見山を経由すればいいアップになるし、その先の田舎道っぽさもとっても好き。

越生はサイクリングマップだけでなく「里の駅おごせと越生自然休養村センター」では「パンク修理セットや空気入れを備え、チューブ(ロードバイク用)の販売」も行っているようでいざという時の助けになります。

マップやリンクを載せたいのですが、確認後掲載します。それまでは適当にググって下さい。

そんなこんなで「越生からのヒルクラのすすめ」はこの辺で・・(笑) 本編へ!!

越生 滝ノ入・桂木ヒルクライム

この「滝ノ入・桂木ヒルクライム」は「越生 林道 滝ノ入線」と「毛呂山 林道 桂木線」を繋ぎ『桂木観音』までの約3.4kmのコース。

このルートのスペックは・・・

距離:3.4km

平均勾配:4.8%

獲得標高:172m

と、正直ド素人の僕でさえ物足りない感じ。

越生の滝ノ入線起点から上ると桂木線はほぼ下り。が、しかーーーし!

桂木線から桂木観音に上がる約150m

20%近い激坂!!

激坂初体験にはいいかも、距離めっちゃ短いし。ダンシングでひょいっと上がれます。

そして、もうネタバレしますが・・激坂を上ったら・・

スカイツリーまで見えるめっちゃいい展望が!!

ちなみにトップ画像がそうです。

初心者でも登坂可能だと思われるので是非、この展望の良さは体験して欲しい♪

さて、またも自分の首を絞める結果になりますが・・新しい試みを。なんと!!3Dマップです。

*大きいサイズはこちら


*大きいサイズはこちら

と、ま〜こんな感じで3Dマップ掲載してみました。

「おっっ!!ここグイグイ上がるな」・・とか、「こ〜んな感じで山を上って行くんだ!」的な事が分かりやすいかと思って作ってみました。

地図中の「赤いライン」が今回ご紹介しているルートです。

桂木線が下るので3Dだと山陰に隠れ見えなくなるので見やすさ重視で「滝ノ入線と桂木線」を分けてます。

ちなみに「桂木線の青いライン」は未走ですが、毛呂からも入れるみたいなので明記してます。10%ぐらいの4連ヘアピンカーブとかあるみたいでオモロそう!

本当はWINDOWSであれば「カシミール」とかだともっと自分色に染めつつ、もっとやりたい事ができるのですが・・うちMACなんで・・カシミール使えないのです。

インテルMACなんでもちろんWINDOWSも起動できるようにしてますが・・ほぼ起動しないので面倒なんです。

本3Dマップは国土地理院3Dマップに文字等を付け加えたものです。

さて次はおなじみ「コースプロファイル」

*大きいサイズはこちら

今回は距離が短いので「250m毎」の平均勾配を記載してます。

そして注意点!

平均勾配は実走のデータでなく、ルートラボや地理院地図の各地点の標高から算出したデータ上の参考値です!

という事で「あくまで参考」として見て下さい。

とにかく「滝ノ入・桂木ヒルクライム」だけでは玄人さんや坂好きには『ものたりない』と思うので「笹郷線や猿岩線他」と組み合わせていくのがおすすめ!

ヒルクラ初体験には勾配が滝ノ入線が多少キツく感じるかもしれないけど距離が短いので初心者向けと言えるのかも。それと!!

桂木観音に上がる坂は20%程度の激坂!!

150m弱と距離が短いので

激坂初体験にいいかも!!

きっと初ヒルクラでここ上ったら「あ〜〜坂バカもとい好きはこんな所、上っちゃうのね・・(汗)」と思うかもしれません(笑)

距離が短いのできっと楽しめるはず。あの急な坂は笑いしかでない・・。そして

ここを進める理由の一つに

めっちゃいい展望が山頂にある事。

あ〜頑張った甲斐があった♪

と、思える素晴らしい眺めが山頂にはあります。

まだ行った事が無い方は是非、この眺めを体験して欲しい。

それでは前置きがなが〜〜くなりましたが・・本当に本当の本編の始まり!!

本日も自走で越生へ

滝ノ入・桂木ヒルクライムコースにいったのは12月6日(日)。

も〜そりゃー風が強く朝方から

ビュォォォォォォ〜〜ゴォォォ!!!

と、ひっきりなしに風が吹いているのです(汗)

ちなみにその日の風速はログによれば時速換算で風速24km。ってことはだいたい風速7m/sだったみたい。最大瞬間風速は10m/sを越えた模様。

実はその週の前半の平日にこの「滝ノ入・桂木ヒルクライム」に行こうと思い、出発したのですが・・

風が強く前に進めない、さらに秋ヶ瀬でカメラを置き忘れる

という大失態を犯し・・なんだがテンション上がらず、川島町のセーブオンで「唐揚げ」食ってリターンというビミョーなライドをしてしまったので

せっかくの休日ライド。

行かなきゃ時間がもったいない!

元々平日ライド多く、休日の沢山のローディーさん達の中走る事が少ないので

ド素人、玄人さん達の走りを見て学びたい!

って気持ちもあったのです。人の走りや早さは刺激にもなるしねぇ・・。

あっ所でカメラは秋ヶ瀬から3km進んだ辺りで置き忘れに気づきリターン。本当親切な車で来られていた年配の男性が、近くにいるんだと思ってたらしく見張っていてくれたようで、無事に回収。おっちゃん本当ありがとうございました!

僕の愛機、シグマdp2s無くなったらリアルに「引きこもり」になりそうです(笑)

そんなこんなで風が強いという状況は変わりませんが・・(汗) 12月上旬は低地での紅葉が綺麗なんじゃないかという目論みもあって出発したのです。



秋の荒川サイクリングロード


ま〜とにかく風が強い。しかも荒川上流方向は「向かい風」。

いつもどおり荒川CRの笹目橋から入ったけど、あんまりに進まないからインナーに入れてクルクル走行。

秋ヶ瀬に入ると銀杏並木が本当に綺麗!!

昨年もクロスバイクで同じような時期に来て写真撮ってた。

銀杏の落ち葉が側道に敷き詰められてていい感じだったのです。

本日の目的は「滝ノ入・桂木ヒルクライム」で、荒川〜物見山で疲れてしまう訳にはいかないので秋ヶ瀬でとりあえず一休み。

実はこの写真、前述した平日に越生に向かおうとして風が強く川島町でリターンした時のもの。

こんな写真を撮っているもんだから・・縁石の上にカメラを置き忘れリターンしたのです(汗)

カメラが無い事に気づき、ほぼ顔面蒼白状態でめっちゃ踏み込んで戻ったよ・・あ〜本当あって良かった・・。

あの時の僕は荒川で一番、真剣に走行していたに違いない(笑)

周りから見れば「ん?あいつなんでこんな所でマジなの?」みたいな・・(笑)

さて、平地はやっぱり紅葉いい感じ。そして本日は富士山めっちゃ綺麗に見えるのです!!


見慣れた景色も季節が違うと変わるもんです。

この先、田んぼ区間では周りにいた全てのローディーさん達に追い抜かれ・・最下位を独走。あそこは防風林なく風の抜けがいいから、さらにまともに風をくらう。

そんなこんなでまったり走行で上江橋に到着!!

上江橋からも富士山が!!

この上江橋から入間大橋までは・・風を遮るものなく・・またもすんげ〜向かい風。

下ってた人達は追い風ですんげ〜楽そうだったなぁ・・。

なんとか入間大橋に到着し物見山への分岐方面へ



荒川CRから物見山へ


今日は強風で、もーノンビリ走行。再び休憩でいつも休む事が多いセーブオンで補給。

ここで休んでたらご年配の老夫婦がロードバイクで来て・・

なんだか夫婦でロードバイクを楽しんでいる姿を見て

結婚したくなりました!! ではなく(笑)

あ〜夫婦で一緒に楽しめるロードっていいなぁ・・

ってちょっと思いました。

先日、実家でウチの母が・・「あなたもそろそろ・・・」

なんて言うもんだから

生涯の伴侶を得ました!!

と、ロードバイクの写真を見せたら・・・

一瞬の内に南極なみの極寒な雰囲気になった事を僕は一生忘れないと思います(笑)

さて、自虐ネタは置いといて(笑)

いつもよりすんげ〜時間がかかりましたが物見山に到着。



いや〜本当に物見山の紅葉綺麗だ。こんだけ雰囲気が違うとすんごく新鮮な気持ちで走れる。



物見山から越生へ


物見山から越生へはこの時期、本当に紅葉がいい感じ。

上記の写真の「鳩山カントリークラブ」の先って下りになりますよね?

いや〜その下りから見える風景が最高!!

下る度に眼下の赤く紅葉した木々が遠くに見えてホント美しくヤバい。

僕はこの物見山から越生に至る道って田舎道っぽく好きなんだけど、今日はホント気持ちよかった。風すんげぇ〜けど・・。



初めてこの道に来た時に田んぼと森のマッチングが綺麗でパチりした場所も紅葉すると・・

見慣れた風景も季節によって変わるから、その変化を塩梅のいいスピードで眺めながら走れるロードバイクはやっぱりいい乗り物なんです♪

さて、この先ですが今まで僕は「県道41号線を進み県道30号線とぶつかる越生高校(北)交差点」まで行っていたのですが、それより県道41号線沿いの「日本カントリークラブ」の先を右折する方が近道との情報を得たので本日は下記の所から右折

たしかに日本カントリークラブを右折した方が早いかも。しかも圧倒的に車の通りが少ない。

そんなこんなで越生に入り目的地である「滝ノ入線」を目指し県道61号線へ

林道 滝ノ入線

安定してこのサイトはメインが始まるまで長いのです(汗)

さて本日のメインイベント「滝ノ入・桂木ヒルクライム」です。

県道61号線を進むと下記の写真の場所に着きます。「パン工房しろくま」からだいたい4.1kmぐらい。

写真の右側に見える「龍隠寺」方向に行けば本サイトでも紹介している「林道 梅本線」

今回は「滝ノ入線」なので左折。ちょっと入口が分かりづらいかも。矢印の通りに進んでみてください。

右折するとすぐに「林道 滝ノ入線」起点に

ここからスタートです!

最初は平地区間で250mぐら進めば下記のように上りになってきます。


上りの手前が分岐してますが左方向です! 右は「玄家」といって週末のみ開いている田舎そば屋さんみたい。あ〜そば好きなんだよなぁ・・食いたい。

分岐の後は緩やかな上りで住宅街の中を抜け

下記の場所が約400m地点ですが、ここから本格的に上りになります。

上記の写真部分には「林道 松倉線 起点」がありますが・・ダートです。0.9kmほどで道が途切れるそう。

下記の写真がスタートから500m地点。ぐいっと勾配アップ!

僕のようなヒルクラ修行僧には勾配的にはキツく感じるかもしれませんが、本当距離が短いので多少無理しても登坂可能だと思う。



上記のような所を8〜10%ぐらいの勾配を上り

スタートから750mで下記のヘアピンカーブへ

ヘアピンの後はほぼストレートで、じわ〜〜り勾配が上がり・・

たぶんここと、終盤の数百メートルがキツく感じるかも。

その後はカーブを曲がると、さらにクィっと勾配アップ。

カーブの先はこんな感じの上り。

下記の場所で入口から約1.4km。

そして!下記のS字カーブを上り切れば!!

滝ノ入線のピークに!

ここから左折して「林道 桂木線」へ

ちなみに越生の林道は下記のような感じで現在地を教えてくれる看板がけっこうあります。滝ノ入線は200mおきだったと思う。

桂木線との分岐を直進すると滝ノ入線の継続で毛呂方面にいく事ができます。

林道 桂木線

越生方面の滝ノ入線から桂木線に入ると「ほぼ下り基調」です。

滝ノ入線が距離は短く結構オモロくなってきた時にバッサリ終わり、さらに桂木線は下りばかりで面食らいます。

とりあえず目立つ上りもないので写真でお楽しみください(笑)




桂木線に入って約1kmで視界がぱーっと開けます。

道の脇にはゆず畑があるのですが、これが本当いい! 時折ゆずの匂いがしてすんげ〜気持ちがいい。


この辺は上りもありますが本当たいした事はありません。

そして下記の場所が桂木観音前の最後の上り

下記の写真を上りきったら左折です! まっすぐ行くと毛呂方面です。

厳密には桂木観音までは「桂木線」ではありませんが・・

桂木線すんげ〜楽♪ ここ平地っていってもいいんじゃねぇ??

と、思ったド素人・・桂木線入口からアウターだったことからも楽さが伺えます。

が!!しかーーし

残り150mは20%近い激坂が!!

この始まりを見て

ん??あらビックリ

なんじゃーーーこの傾斜の坂は!!!!

事前情報なく行ったので、すんげ〜ビックリ。

アウターのままだったので急いでインナーにしますが・・時遅し・・

フラフラしながらやっとインナーにしてダンシングで登坂開始!

ん〜〜・・・勾配って写真で伝わりにくい

途中に下記のようなグレーチング?がありますが、タイヤがはまってしまいそうな感じなので特にダウンヒルは注意!

そして下記のカーブを上れば!!


ゴーーール!!

いや〜ビックリした。明らかに傾斜がヤバい。

ちなみにルートラボでは平均勾配16%ぐらい。

そして!!ここからご褒美タイムの展望が!!


ちょっと雲が出てききてビミョーな風景写真ですが・・(汗)

すんげ〜いい展望です! 本当越生いったら一回は体験してもらいたい風景。厳密には桂木観音は毛呂山町なんだけど・・。

ここから「スカイツリー」も見えます。ベンチもあるし、自販もトイレもあります。

本当にいつまでも眺めていたい美しい風景です。

桂木観音

せっかく山頂まで来たので、クリートカバー付けて桂木観音まで階段を上がってみます。

少しあせた朱色が趣のある小さなお寺。

両端がゆず畑でゆずの匂いが時折してきて、すんごくいい。

しかも畑仕事している方がいい塩梅の音量でたぶんJーWAVEだと思うのだけどラジオ流しているから

ゆずの香りがし、洋楽がながれるお寺でお参り・・

おい!! なんか今日の俺オシャレな事してねぇ??

と、勘違いしそうなぐらいすんげ〜いい雰囲気。

小さいお寺なので門を出て階段を下りますが・・・


おーーー風景いい感じじゃん!!

しかも階段の途中に鐘があり鳴らせるのです。

「やさしくネ♡」

はいぃ!!やさしくします!(笑)

綺麗なお姉さんに言われたら昇天してしまいそうですが(笑)

この鐘の音がまたいいんだ・・マジで。

音楽・鐘の音・ゆずの匂い・コーヒー・・・

ちょっとした映画のワンシーンのような・・・イケメンなら・・

が!!しかーーし、パンツ履いてないレーパンいっちょのおっさんじゃ絵になりません。リアルに(笑)

そんな映画のワンシーンを汚しつつ(笑) おっさん下山(笑)


いや〜山頂すんげ〜満喫。おかげでいい時間になっちゃった(汗)

今日は諦めず自走で帰ろうと思ってたので、坂戸方向に向かい、坂戸で暗くなったので先日走った「関越沿い」をひたすら暗い中走って帰宅しました。

本日の総走行距離130kmくらいでした。あ〜〜楽しかった♪

最後に・・・

何度も言ってますが、ヒルクラは慣れている方は確実に「物足りません」。

笹郷線や猿岩線又は梅本線などと合わせるのがいいかと思います。

ちなみに越生の8本のヒルクラコース合わせると獲得標高2200mになります。

と言う事でこんなマップ作りました。

越生の山々を1日中堪能する獲得標高2200m



無理矢理つなげた感否めないですが(笑)

強度を求める超人さんは是非!

ん?僕はって・・・うん・・ド素人には無理(笑) 林道2本でお腹いっぱいっす。

何はともあれ「桂木観音」の展望はホント是非見てください!

最初に述べてますが特に、ヒルクラ初心者やヒルクラ初体験には距離・勾配的にもおすすめ!

上った後の展望というご褒美はすっごく達成感につながります!

ん?ソロでは・・って人は機会があればご一緒に!

僕は次、ここに来たら登山用のバーナー持って山頂でコーヒー入れてまったりするのが次回の目標♪

でも、ロード乗るときは荷物持ちたくないからなぁ・・・。

それでは本日も駄文・長文でしたが・・最後までお付き合い頂きありがとうございます!

滝ノ入・桂木ヒルクライム 地図



滝ノ入線までのルートは以前紹介した「梅本線」の地図を参照ください。

Pocket


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 thoughts on “越生 滝ノ入・桂木ヒルクライム

  • つぽぇふ

    立体地図すごいです!
    勾配図もすごい。わたしが初めてヒルクライムというものをしたのは秩父高原牧場というところなのですが、そこの勾配はこれで表すとどんな感じになるのかな?なんて考えてしまいました。

    それにしても積極的に新ルートを開拓されてますね!
    わたしなんかどうしても同じようなところに何回も行ってしまうので・・・

    • anysense Post author

      つぽぇふさん、こんにちは♪
      すんげぇ〜タイムリーな・・・明日「釜伏峠&秩父高原牧場」行こうと思ってたのです。
      が!!あまりに今日の気候がいいもんだから、けっこう無理矢理行ってきました。
      あの秩父高原牧場の道は景色がホント美しい! 鼻血でそうでした(笑)
      しばしお待ちを・・ネタが溜まっているので順にアップしまーす。
      勾配図は最初の構築するまでが大変でしたが・・理論さえ構築してしまえば今は結構楽に作れてしますのです。
      3Dマップは元の色がねぇ・・趣味ではないのでもっとスッキリ作りたいので今後アップデートするかも。
      にしてもヒルクラ楽しいっす♪遅いけど(笑)