ド素人、かの有名な「白石峠」を登ってみる 2


Pocket

白石峠パラグライダー場


雑誌の「峠特集」を見てがぜん興味がでた白石峠

「越生 林道 梅本線」を走り終え「我が街、石神井公園から自走でいける」いい感じの峠は無いものかと探していた所、バイシクルクラブの2015年10月号がちょうど「人気自転車峠攻略ガイド」の特集をしていたので買った所、以前から気になっていた「白石峠」が載ってたのです。

バイシクルクラブ10月号(No.366)

バイシクルクラブ10月号(No.366)電子版より抜粋

どうやら「白石峠」は記事によれば「埼玉方面の有名な峠で最初に出てくる名前」だそうでド素人の僕から見れば「超人達が」こぞってタイムアタックをする名門の峠なんだそうです。

この白石峠、

なんと!!

平均勾配は8.6%

だそうで・・ド素人にはちと厳しい感じですが・・

あたって砕けちまえ!!的な精神でちょいと行ってみました。

あくまで「あたって砕けろ!!」という『チャレンジ精神』ではなく、「あたって砕けちまえ!」なので『砕ける事前提』です(笑)

前回走った「越生 林道梅本線」は平均勾配8.4%、最大標高差632m、距離7.7km

一方「白石峠」は

平均勾配8.6%、最大標高差540m、距離6.2km

な〜んとなくデータ上では似ているので「あ〜あんな感じか」と余裕ぶっこいて向かったのです。

石神井公園から物見山を通じ「白石峠」へ

いつも通り荒川サイクリングロードの「笹目橋(笹宮橋)」から物見山をまずは目指します。

その日は風が強く、ロードバイクに乗り始めた時「強風の中の走行にバテて数々の惨敗」の思い出が蘇ります(笑)

途中、上江橋過ぎで近くを走行していた(もちろん知らない人)僕の中での通称「トレックさん」に突然声をかけられ

トレックさん「いや〜今日風強いっすね!」

ド素人「そ〜ですね〜辛いっす(ニコッ)」

とか、笑顔をふりまきましたが・・実は・・

結構、風にウンザリでマジ辛かったんです!

笑顔で返答しましたが・・ミエを張ってしまいました(笑)

そして疲れで気の利いた会話できず、すいません!!

少しトレックさんはド素人のペースに合わせて先頭で引いてくれていたようなのですが・・・

徐々に離され・・

トレックさん振り向いたら「あれ??あいつドコいったん??」状態に(笑)。

僕は遠くトレックさんの背中を眺め走っておりました(笑)

なんと言うか、こういう同じ趣味をもった見知らぬ道志のちょっとした会話は辛い時とか助かりますね。というか人にもよるかと思いますが「嬉しいものです」。

激人見知り?なので僕からはできないと思いますが・・(笑)

さて、みなさん荒川から物見山に行く時ってどこで休憩してます??

最近の僕のお気に入りは下記の写真の「セーブオン川島吉原店」です。

セーブオン川島吉原店

まず「笹目橋からちょうど約35km地点」で休憩しやすい距離と走行時間な事。

それと「バイラック」があり止めやすい事

よく物見山へ至る道で有名な休憩ポイントは「ローソン 川島町戸守店」だと思うのですが、ここもバイラックがありとてもいいのですが、やや車通りのある道沿いで近辺にパチンコ屋?などあるのでけっこう人の出入りがあり落ち着かない時があります。

一方この「セーブオン川島吉原店」はのんびりとした畑の中にあり、さほど人の出入りも多くなく「のんびり休憩」できるので最近は殆どここで休憩してます。

途中「早俣橋」からの景色が夏とは違い、初秋らしくなってきたのでパチリ

初秋の早俣橋からの景色

ロードバイクってこうやって季節の移り変わりを「肌で感じられ、目でも感じられる」のでホントいいですよね♪

この後は、ゆっくり物見山を登り山頂で小休憩して、いざ白石峠へ!!

物見山〜県道172号線(大野東松山線)

物見山から「白石峠」はよく道に迷う僕でも比較的簡単に行けます。

まず物見山の山頂から下り「山村学園 短期大学」を過ぎ最初の信号を『直進』

直進したら『最初の信号を右折』。角には「手打ちそば満作」があります。

右折したらしばらく道なりに進み

ローソンが見えたら『右折』

右折し、さらに最初の信号に「またローソンがある」ので『左折』

県道171号線

2つ目の「ローソン」を左折すると越生に向かう「41号線(東松山越生線)」と似た感じで田園風景が気持ちよく、車の数も少ないので走りやすいです。

しばらく走ると「T字路」にぶつかりますが

ここは「ときがわ」方面=『右折』します。

ここを右折し「ときがわ方面」に向かえば「県道171号線(ときがわ坂戸線)」にぶつかります。


上記の写真は「県道171号線(ときがわ坂戸線)」にぶつかる手前の場所ですが、季節なんでしょうか「ワラ?なのかあちこちで燃やしていて」煙が美しかったりします。

県道171号線(ときがわ坂戸線)

なんかこういった景色をロードバイクに乗っていると手軽に見れるんですよね。ワラの天日干し?なんてどこか遠くの場所の出来事だと思ってた。

さて、ここまで間違わなければ「県道171号線(ときがわ坂戸線)」に入っており、後は標識通り「白石峠」方向に進めば「県道172号線(大野東松山線)」に入るので道なりに進むだけです。

県道172号線(大野東松山線)〜白石峠入口

172号線に入れば後は道なりです。ですが!!ここから「白石峠の入口」まで約10kmあります。

172号線に入ってまもなくすると「明覚駅」という「関東の駅百選」に選ばれた「ロッジ風の独特の駅舎」があります。

明覚駅

途中「都幾川」沿いを走りますが川のせせらぎが気持ちよく、気分良く走れます。

都幾川

「白石峠」の約5km前には「ときがわベースサイクリングサポート」といった所があり「沢山のバイラック」があり自販機も充実しているので休憩にはピッタリ。

休日には恐らく沢山の俺的超人級のローディーさん達がいるのでしょう・・。

平地での10kmって大した事は無いのですが・・「ときがわベースサイクリングサポート」以降の172号線は奥に行けば行くほど「峠」のようになってきます。

いずれも勾配は大した事ないのですが・・

こんな所や

こんな所を走らされ

知らない内に「白石峠」に入っているのか!?

と、白石峠初参戦のド素人は勘違いしてMAPを何回も確認してしまいました(汗)

とにかくド素人にとって「白石峠」入口までの172号線の登りは

ごっそり体力を奪われます

とにかく172号線は初参戦する方は「長く感じる」かもしれないので、まず「ときがわベースサイクリングサポート」で休んで

そこから後5kmで「白石峠入口」なんだなぁ〜と思って下さい。

下記の写真は「ときがわ町役場 大野特産物販売所」なのですが、ここまでくれば後少しで「白石峠入口」!!

ときがわ町役場 大野特産物販売所

そして!!「白石峠入口」に到着!!

白石峠入口

実は172号線に入って僕は休憩なし

かの有名な「白石峠」を

HPが「レッドゾーンにほど近いオレンジゾーン」から初めるという

愉快な状態なのです(笑)

白石峠

さ〜「白石峠」の始まりです!

一応、スタートからゴールまでの時間を計ります。

白石峠はしょっぱながキツイとは聞いてましたが・・

いや〜マジでキツイ

初めの2kmぐらいは

平均勾配9%越えます。



最初の1km弱はひたすらいきなり勾配8%越えの上記のような場所を上り・・

ぱ〜っと視界が開けても


勾配は休まらず・・平地区間も短く、序盤から「ごっそり体力を奪われます」

1.5kmぐらいで少し住宅が多くなりますが、勾配は変わらず(汗)



途中、見晴らしがよくなり、たったの1kmちょいで「だいぶ登った」感じがあります。

そして下記は始点から約2km弱の所

上記の写真のように「白石峠」は「始点から○○km」を200mおき?に距離の看板があります。

この看板の始点は『山頂から』になっているので登る場合は『あと○○km』という事になります。

この距離の看板は現在地が分かって嬉しいのですが、反面

こんだけしか進んでないの??

とか思ってしまうと、精神的にヤラれます。

白石峠の中盤戦は「林道のような感じ」で道は蛇行します。


カーブの後、少し平地区間があったりで脚を休められますが、カーブが連続する場合は「勾配がグイグイ上がります」(汗)

だいたい残り2kmちょいである、つづら折りのカーブを上り下を覗くと・・

こんなちょっとでこんなにも高く上るって事は!!

急勾配を上る訳です(汗)

この辺はカーブ自体が狭いので「見通しが悪く」対向車には要注意!

こういった「つづら折り」は「イン側の勾配がキツく」「アウト側の方が緩やか」だと思うのですが、対向車のせいでキツいイン側を上らされた(汗)

キツいカーブの過ぎれば終盤戦で勾配は緩やかになります。と言っても「終盤も平均勾配は約7%」あります。


白石峠といえば下記の「パラグラダー場」が僕の中ではかなり記憶に残っていて

堂平スカイパーク パラグライダースクール

すっかり「ここが山頂」と勘違いしていたのですが・・

ここから残り800mの看板を見た瞬間

山頂は、「まっまだなのか!!」

と、軽く絶望(笑)

最後の力を振り絞りますが・・

「辛いなら足付いちゃえ♪」

悪魔の囁きが・・(笑)

終わりだと思ってた地点からの最後の800mは地獄でした(笑)

そして悪魔の囁きにも負けず(笑)

足付き無しでなんとか山頂に到着!!

時間は・・

36分08秒

ave10.82km/h

という結果でした。

初心者の最初の関門は「30分切り」だそうですね・・・

てゆーか、「後6分も」どーやって削るの??

と、疑問がわいてしまいます(笑)

白石峠を下り、明覚駅から輪行で帰宅

山頂のベンチで十分休みますが、16時を過ぎています。

ハーレーに乗ったバイカーのおじさんに

そんな格好で寒くないの??

と、心配されました。(汗)

そう、この日の装備は日中は暖かく

半袖のジャージに膝上のレーパン

下り用にアームウォーマーとウィンドブレーカーを着ますが・・

真剣に「凍え死ぬ」かと思うくらい

激寒でした(泣)

行ったのは10月上旬ですが、この時期の峠は

装備なめちゃあかん!!

と、マジで思いました。

実は白石峠の入口で何人かとすれ違ったのですが

みーんな「長袖のジャージ」であった事に

激寒の下りの中

「あ〜そーゆー事か・・」

と、気づきました(汗)

なんせロードバイクを買って約3ヶ月。秋や冬の装備など持っておらんのです。

真剣に秋口の装備を至急揃えようと、電車の中で思いました。

そう、この日は「明覚駅」辺りで日が落ちたので輪行で帰宅しました。

ちなみに「白石峠」の写真は「激寒の中、震えながら下りで撮った」ものです。

最後に・・白石峠を上ってみて

実は同じような勾配の「越生 林道梅本線」を制覇していたので少し心の中では「余裕かな?」みたいな慢心がありました・・たぶん。

「白石峠」は「なんでこんなにキツかったのか??」

と、真剣に考えるぐらい辛かった。

個人的な感想では「梅本線」よりずっとキツかった。ま〜でも梅本線は「初ヒルクラ」を引き連れていたので、先に進んでは来るのを待って休憩させていたので「足付き数回」してますからねぇ〜・・いずれ「足付き無し」でもう一回「梅本線」行ってみたいと思ってます。

「白石峠」は休める区間が少ない?のかなぁ〜??

とにかく序盤の平均勾配9%以上で体力を削られ、中盤のカーブの連続と勾配で「ほとんど体力使い果たした」からなぁ〜(汗)

終盤の1kmは「足に本当に力が入らなくなってくる」のがモロ分かった。

ず〜っと息を整える暇がなかった記憶があります。

白石峠は「平均勾配8.6%、最大標高差540m、距離6.2km」という数値以上の辛さがあるように思えます。

あそこを繰り返しタイムアタックしている方達はマジ「超人」です(笑)

それともう一つの敗因!

物見山以降、まともな休憩なしで「白石峠」入口まで行き、休まず上った事

適度な休憩、必須ですよね・・反省。

時間も時間だった事や「も〜上りたくない・・」って感じだったので「堂平天文台」行けなかったんですよね。次回は是非そこまで行きたいです!!

今回は「バイシクルクラブ2015年10月号」の「峠の特集」を見て「白石峠」に行く事を決めました。初心者にとって「どこ走ろう?」と困る事があるかと思います。

そんな時、こういった特集は助かります。その他「ヤビツ峠・足柄峠」など特集されてます。興味あれば是非!!



さて本日の走行記録は・・

白石峠time

まだまた修行ですね・・。もう少し他の峠でヒルクライムして、再度「白石峠」チャレンジしたいです。次は「30分切り」目指そう!?

物見山経由「白石峠」地図

1.荒川CR「笹目橋起点」物見山経由「白石峠」



2.白石峠(ルートラボ)

Pocket


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 thoughts on “ド素人、かの有名な「白石峠」を登ってみる

  • RABI

    自分も以前行ったときは自走しましたが、60km走ってヒルクラはムリゲーですよねw
    >知らない内に「白石峠」に入っているのか!?
    あるあるですね。初めて行ったときはルートラボを何度も確認してしまいました。

    最近渋峠や柳沢峠などロングヒルクラばかりだったところ、ちょうどこの記事を読んで
    「36分て自分より3分も早い!負けてられない!」(スイマセンw)と、行ってきました。
    明覚まで輪行で脚を温存して、序盤から全力アタックしてしまって売り切れましたが、33分14秒でした。
    自分もあと3分削るのはもう無理です。

    • anysense Post author

      RABIさん!すいません。なぜーか・・コメントがスパムに(笑)。ちょっと驚いた。
      てゆーか、白石峠33分すごいですね。今の僕では36分が限度そうです。
      奥武蔵グリーンラインでも梅本線でも「足の力が無くなるのを感じるぐらいのキツさ」がなく、
      辛くてもむしろ『楽しい!!』と思う感じだったので、「なんでこんな白石峠はキツいのか?」と帰りの電車でずっと考えてしまいました。
      平均勾配も8%ぐらいとド素人の僕でもキツいなりに頑張れるぐらいなのですが、平均勾配以上の何かがあそこにはある気がしてなりません。
      最近、峠が楽しくてしょうがないので「そちらに目がいきがち」なので、元々のやりたかった「ロングライド」を厳かにしては・・と思い、
      つい先日「荒川〜利根川〜江戸川をつないで220km」走ってみました。恐ろしい疲労感と筋肉痛と共にここ数日は過ごしてます(笑)
      そういえば明覚駅って西武線とのつなぎが悪くないですか??
      僕は「高麗川止まり」で西武線と連絡できる「東飯能」まで『あと一駅』なのに30分電車待ちましたよ・・。さらに東飯能で20分待ち・・。
      越生駅から東武線で帰ればよかったと後悔しました。