荒川サイクリングロードと県央ふれあいんぐロードで熊谷まで行ってみた。


Pocket

荒川水道橋


悪夢の奥武蔵グリーンラインを乗り切ったド素人が荒川サイクリングロードを通じて熊谷に行く

天候の悪かったお盆の初めに行った「奥武蔵グリーンライン」よりなんとか無事に帰還し、かれこれ3日間は「筋肉痛」が酷く、特にハムストリングのダメージはすごくペダルを回す気にもなれず、仕事やらであっという間に1週間が過ぎた頃、急にペダルを回したくなって「荒川サイクリングロード〜県央ふれあいんぐロードを通じ熊谷」まで行ってきました。

なんというか・・筋力の整わないド素人が「奥武蔵グリーンライン」という悪夢の場所に行き

こんだけ筋肉痛になったという事は

俺ちょっとレベルアップしてんじゃね??

と勘違いも甚だしい思いを抱きつつ出発したのです(笑)

それと実は本日のルートは今年の1月にクロスバイクで行ったのですが・・

帰路の吉身町辺り約100km弱で

クロスバイクを投げ捨てて電車で帰りたくなった!

ぐらいグロッキーで・・吉見総合運動公園らへんで実際ふらついて運転してたみたい(汗)

あの頃からロードバイクにレベルアップし、さらに奥武蔵グリーンラインでヒルクライムも経験したド素人の成長具合を感じたくてクロスバイクで行った時と同じルートをなぞってみました。

笹目橋から榎本牧場へ

秋ヶ瀬橋

ん?おかしいぞ?? ペダルが軽い!!

とにかくいつもの僕のスタートである「笹目橋」から走り始めて気づいた事。

恐らく「奥武蔵グリーンライン」でたぶん必死に漕いで完走したおかげ?だと思う。

本当にペダルが軽くて「軽く回すだけで時速30km超す」

とにかく秋ヶ瀬公園まで一部橋の上など除いて30km下回る事は無かったと思う。ちなみに無風でした!

ついこないだまで「多少踏み込まないと」でない俺的速い速度・・

何か・・

俺っぽくない!!(笑)

とか思いながら秋ヶ瀬を通過し俺的通称「緑の回廊」へ

緑の回廊

この俺的通称「緑の回廊」気持ちいいんですよ。短いけど「緑のトンネル」走り抜けるのが。

けどここ木の根が張ってアスファルトを押し上げて段差になっている所が多数あるから注意です!

緑の回廊を抜けると下記の写真、ゴルフ場の横を走ります。たしか7月の下旬?だったと思うのだけど、ここ除草したので道が広く感じます。

荒川CRゴルフ場

上江橋からは「県央ふれあいんぐロード」に入って第一休憩ポイント「榎本牧場」を目指します。

この「県央ふれあいんぐロード」は上江橋から「さいたま市のゴミ焼却場(西部環境センター)」まではいいのですが榎本牧場まで「うねうねと蛇行したり、住宅街」を走るのでかなり走りづらい・・。クロスバイクの時は思わなかったけど、ロードバイクでそれなりに早く走りたい時はフラストレーションが溜まります。

前述の通り「さいたま市のゴミ焼却場(西部環境センター)」を抜け道なりに進むと下記の所にでます。矢印の通り左折し

少しすると下記の田んぼの中にでるので矢印の通り右折します。

そんな感じでこの後も、蛇行したりなんやらで榎本牧場に到着!!

榎本牧場

よくこのHPをご覧の方はそろそろ「落ちがくるでしょ!!」と・・

例えば気分良く走ってたら転んだとか初のヒルクライムに挑戦して子鹿のように足が震えて途中で逃げ帰ったとか・・アホらしい落ちが沢山あったんですが・・

今回は僕も困るぐら落ちがありません!!(笑)

きっと成長の証??です(笑)

笹目橋から榎本牧場は「約27km」です。その27kmを

なーーーんと!!

54分で到着!!

ようするにだいたい時速30kmで進んだ計算になります。

奥武蔵グリーンライン、ハンパねぇ〜

えらいレベルアップしたんじゃねぇ??

と、たかが距離も速度も30kmで喜んでいる辺りが「ド素人」(笑)

そして!!本日のジェラートは

榎本牧場ジェラート

初めてお目にかかった「ブルーベリー」

中々濃厚でおいしかった!!

ちなみに僕のお気に入りはとってもさわやかテイスト「紅茶」です。

榎本牧場から県央ふれあいんぐロードを通じ「熊谷」へ

少し休憩して目的地の「熊谷」に出発!!

県央ふれあいんぐロードは榎本牧場から圏央道の高架下辺りまで悪路とまたも「うねうね道」が続きます。

いつもは榎本牧場を出て「熊谷方向へ直進」し最初の橋を渡って「荒川サイクリングロード」に出て帰るのですが、本日は「熊谷」まで行くので直進します。

この直進し少し行った所の道が下記の写真

雨などで流れた土がアスファルトの上に溜まり、その上を自転車などが通りそして固まって酷い事になってます。

僕は減速しそこなって

ガタッガタッガタガタガタ!!

あっまずい!!ブレーキかけたらこける!!

と、かなり冷や汗をかいた・・。

かなり土が固まって恐ろしくガタガタなので本当に要注意。

そんなこんなで悪路を過ぎると一瞬一般道に出るのですが、ここら辺は迷いやすいのでよく地図を参照して下さい。

迷いやすい所はgoogle map上で「注意という赤いバールーンマーク」を入れてます。

桶川市総合運動場や圏央道高架下までは下記のような所を通ります。

これがまた酷く・・草が生い茂り、草の背丈が高くしかも道に覆い被さるようになっているので

大げさに言えば「草をかき分けて」進む感じです。


ふれあいんぐロードって

雑草と戯れる「ふれあい」って意味か!!(怒)


と、言いたくなるぐらい草が道に覆い被さってます。

あっ、ちなみに夏の話です。僕が1月に訪れた時にはそんな酷くなかった記憶があります。

圏央道の高架下を過ぎれば道は素直になって「ぐ〜んと走りやすく」なります。

しばらく進むと『天神公園』に入ります。この「天神公園」を抜けるとまたも「一般道」に少し出ます。

ここも間違えやすいので地図を参照して下さい。天神公園を抜けて一般道に出たらすぐ左折して細い道を進みます。そこを抜けると下記の写真のような道にでます。

写真の奥にある橋は「荒井橋」といって県道33号線に架かる橋です。そこの下をくぐると「北本水辺プラザ公園」という公園の中を走り抜け、上記の写真と同じような「畑や水田の中を」しばらく走ります。

ちなみにこの「北本水辺プラザ公園」の近くに「埼玉県免許センターに行くついでにサイクリングとおいしいランチを楽しむ」で紹介したイタリアンレストランの別店舗である

アドマーニ北本店があります。

ランチプレートはかなりのボリュームでおいしいのでランチにぴったりだと思います。

「北本水辺プラザ公園」を過ぎてしばらくすると「川幅が日本一」の『御成橋』が見えてきます。

僕は間違えて『御成橋』の高架下を進んでしまいましたが、『御成橋』の手前で右折するのが本来の「県央ふれあいんぐロード」本線みたいなので地図を確認し間違えないようにして下さい!

この辺は「埼玉県免許センターに行くついでにサイクリングとおいしいランチを楽しむ」で通ったはずなのに・・・

中々知った道にでないな〜・・と思ってたら!!

道がちがうじゃん!!

と、家に帰ってログの確認した時に気付きました(笑)

しばらく進むと下記の写真のようにサイクリングロードっぽい道になってきます。ここは路線で言えば鴻巣駅を過ぎた辺りです。

しばらく走りやすい道を進むと下記の写真の「水道橋」が見えてきます。

水道橋とコスモアリーナふきあげ

「水道橋」を過ぎしばらくすると下記の写真「荒川パノラマ公園」に着きます。

荒川パノラマ公園

ここは「自販機」「トイレ」や、屋根付きのベンチもあるので休憩にピッタリです。

笹目橋から「荒川パノラマ公園」まで約47kmですが、今回は「1時間40分」ぐらいで到着。

だいたい時速28kmで進んだ計算になります。

俺的なかなかいいペースです。しかも精神的にも体力的にも脚力も十分残っているので

あ〜ちょっとは成長できたなか・・

と、思ってしまいました。

今はド素人なので「のびしろ」が沢山あるというのもありますが、ロードバイクは「乗れば乗るほど」結果が伴ってくれるので本当に嬉しいし実感できることが次の『やる気』を起こさせてくれるので本当にスポーツとしても運動としてもすごく好き。

「荒川パノラマ公園」で小休憩し今日の目的地「熊谷(荒川大橋)」に向かいます。

実はこの「荒川パノラマ公園」から「熊谷(荒川大橋)」は約8kmしか離れてません。

なので熊谷で休憩する方は「荒川パノラマ公園」は通り過ぎた方がいいのかもしれません。

さて「荒川パノラマ公園」を過ぎ「できれば笹目橋から熊谷(荒川大橋)まで2時間を切りたい!!」と欲がでてしまったので急いで向かいます。

そして「熊谷(荒川大橋)」に到着!!

荒川大橋

1分ちょい過ぎてしまいましたが・・

笹目橋から荒川大橋まで2時間で到着!!

だいたい時速27〜28kmで走行したことになります。

しばし荒川大橋で写真を撮ったりして帰路へ

荒川大橋左岸

荒川大橋(熊谷)から吉身町へ

荒川大橋からの荒川

今までは「県央ふれあいんぐロード」を通ってきたので荒川の『左岸』でしたが帰路は『右岸』を使って笹目橋まで戻ります。

荒川の左岸から「荒川大橋」を渡り「右岸」に向かいます。上記の写真は「荒川大橋」からの荒川下流の風景です。

荒川大橋を渡り右岸側のルートに入る際は「入口が分かりづらい」のでよーく看板を見ながら進んでください。ちゃんと付近の看板が誘導してくれるはず。

荒川右岸側の風景は下記の写真のように水田の風景を眺めながら走ります。

下記の写真のように道自体はきれいな舗装路で走りやすくグイグイ進めるのですが・・・

帰路でやや風がでてきて・・・

のろのろ運転に??


が!!しかーーし!


数々の困難を乗り越えたド素人に少しの風などびくともしない!と思ったのですが・・

ちょっと時速20km後半は、つっ辛い(笑)

という感じで時速25km近辺で安心のド素人運転(笑)

そして前回、クロスバイクであまりの疲れにフラフラしながら走った「水道橋の右岸〜吉身町」に!!

下記の写真のように周りは「田んぼ」で綺麗なのですが、荒川の上流は「景色の変化」が少なく同じ景色に見える部分が多いので

進んでいる感じがしない

だから1kmがやたら長く感じて精神的に疲れるんです。

下記の写真は「吉見総合運動公園」前辺りの写真ですが、この辺でクロスバイクの時はフラフラしてたみたい。

吉見総合運動公園

ここまで来ると帰路の第一休憩ポイント「吉見総合運動公園管理事務所」まで後少し

前回の絶望的な疲れとは違って「やや速度は落ちた」けどまだまだ気力・脚力は十分残ってるので足早に休憩ポイントまで行きます。

「吉見総合運動公園管理事務所」はローディーの方には有名な休憩ポイントみたい。前回もここでぐったりしながら休んだのだけどバイラック・トイレ・売店・自販機があり、ほぼルート上にあるので「かなり休憩をとりやすい場所」です。

また前回は行きがけにここの近くの「四方吉うどん」で昼食をとったのだけど、もちろんうどんはおいしい。けど・・

うどんの量が並でもハンパない!!

僕は「大」を注文したのだけど

うどんの量がなんと!!

1kgもあります(汗)

ぶっちゃけキロ単位でうどん食ったのはじめて(笑)

ペダル漕ぎながら「真剣にうどんが逆流」しそうだった(笑)

「四方吉うどん」は「吉見総合運動公園管理事務所」から1.2kmぐらいです。バイラックと空気入れあります。写真なく申し訳ないのですが、是非行ってみてください。

大食いに自信がなければ「大」は止めておいた方がいいかも!?(笑)

この先「吉見総合運動公園管理事務所」から笹目橋まで約45kmはあるので、長めに休憩を取って足の疲れを癒し、出発です!

吉身町から笹目橋へ。

吉見町桜堤

さて、十分休憩しリフレッシュしたので出発です。

「吉見総合運動公園管理事務所」を出てしばらくすると桜の名所で有名な「さくら堤公園」にでます。

上記の写真は「さくら堤公園」ですが、1.8kmの長い距離を春は「さくらのトンネル」を走る事ができる素晴らしい所です。

ただ道幅は狭いので歩行者に注意です。

「さくら堤公園」を過ぎれば俺的よく知った道(ホンダエアポート)までさほど時間はかかりません。

さすがに長い距離を走っているのでやや疲れた足に弱いといっても風は天敵。

小休憩してリフレッシュするために「ホンダエアポート」で休憩。

ホンダエアポート

ちょっと時間が日没にさしかかってきたので足早に笹目橋へ向かいます。

さすがに休んでも行きのような軽快さは無いのだけど、なんとか時速25km以下にならないように注意して進みました。

僕の特徴として、帰りはバワーダウンして休憩が多くなってしまうんですよね・・

本日も疲れたので「秋ヶ瀬公園」で休憩!

秋ヶ瀬公園

後はラストスパートで笹目橋までの約10kmをトレーニングも兼ねて「少し負荷をかけて」走ります。

途中、朝霞水門辺りで「テールライトが落ちてバラバラに!」なんてアクシデントもありましたが無事に笹目橋に到着!!

そして本日の走行記録は・・・

荒川CR走行記録

とりあえず家から笹目橋の往復を入れれば本日の走行距離は「125km」

120km越えは初かも!!

とにかく平均時速は上がったのだけど、ケイデンスがやっぱり低いですね・・・

少し踏み込みすぎている可能性があるので、もう少し筋力が整ったら「ケイデンス80〜85rpm」を目指して走りたいと思ってます。

とにかく今は平均時速が長い距離でも上がった事にド素人としては合格?かな(笑)

最後に・・・

やっぱり荒川はいいですよね。信号ないし走りやすいし。

実はこの後「俺的アウェイ」である「多摩川自転車道」を走ってみたのだけど、何回も走っている「荒川CR」は『ホーム的な感じ』あるのもあって良さを実感してしまった。

ただ上江橋以降の荒川左岸=「県央ふれあいんぐロード」は

直角カーブ

道が細い

草が道を覆い被さってる

などデメリットが多く、ロードバイクに乗る人は「県央ふれあいんぐロード」は回避するみたい。

速く走りたい時はフラストレーションが溜まるので「なるほど!!」と走れば実感するはず。

とにかく榎本牧場の前後しばらくは悪路もあるので注意です。

上江橋以降の荒川右岸は「道が細い部分」もありますが、比較的走りやすいです。

「さくら堤公園」は歩行者も多く道も細いので減速が必要ですが、それ以外はログを見てても減速している箇所は無かったと思います。

榎本牧場以降の荒川サイクリングロードは右岸も左岸も

景色の変化が少なく進んでいる感を実感しにくい

のがデメリット。冬に走った時は背の高い「すすき?」が辺り一面って中をひたすら数キロ走るのでホント精神的に疲れた記憶があります。

色々とデメリットを上げてしまいましたが、それでも下流から上流までの約100kmもの長い距離を殆ど信号がなく手軽に走れるのはすごい事だと思う。

ド素人の僕でさえ「休憩時間を除いて」笹目橋からたったの2時間で熊谷まで行けるのですから・・すごい場所です。

僕のようなロードバイク初心者には「走りやすさ」もあってトレーニングや「遠い所までいった!」って実感したいなら是非「荒川サイクリングロード」はおすすめです!

さて次回は!!

ヒルクライムにがぜん興味がでて「多摩川自転車道〜浅川CR」を通じて『大垂水峠』に!そして相模湖まで足をのばしてみた(仮題)

「多摩川サイクリングロードから浅川サイクリングロードを通じて大垂水峠へ。そして相模湖へ」アップしました! 是非読んでみてください!

笹目橋起点 荒川サイクリングロード熊谷往復 地図

Pocket

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です