荒川サイクリングロードから葛西臨海公園へ 2


Pocket

葛西臨海公園 クリスタルビュー

荒川サイクリングロードを使って気軽に海を見に行ける葛西臨海公園に行ってきた

コルナゴ ストラーダSLが納車され1週間がたち急に海を見たくなって荒川サイクリングロードを通じて葛西臨海公園まで行ってきました!!

僕の荒川サイクリングロードの始点である「笹目橋(笹宮橋)」から「葛西臨海公園」までは『往復約80km』。自宅までを入れると約90kmを越えます。

実は葛西臨海公園も昨年の秋にクロスバイクを購入してすぐに行ったのですが、90kmもの距離を走る事が初めてだったのと仕事の都合で出る時間が遅かったのもあり、ずいぶんと時間がかかって葛西臨海公園着いたのが夕方で帰路は「真っ暗な荒川サイクリングロードの右岸」を走行したので怖かった覚えがあります。下記の写真は昨年2014年11月の葛西臨海公園の夕日と愛機ルイガノ シャッセです。

秋の葛西臨海公園の夕日

さて、この日の天気ですが

最高気温 35.4度 最大風速11.2m/s

前回の榎本牧場までの往復とあまり変わらない初心者にはヘビーなコンディションです。

またしても敗北が濃厚な予感です・・

もー向かい風の中を走りたくない!!と思ってても「ロードバイクに乗りたい気持ち」が勝ってしまうんですよね・・。

本日もド素人ロードバイク乗りの僕は敗北濃厚な戦に旅立つのでした。

風との格闘かと思いきや、さほど苦じゃなく意気揚々と走っていたら、いきなり「初体験」してテンションダウン!

笹目橋からしばらくは向かい風というよりは横からの風なので、いくら風が強くても横にグイグイ流されますが、さほど走行は苦じゃない。

意気揚々と前回の反省をふまえ「マイペースで時速25〜27km」ぐらいで進みます。マイペースと思っていたのですが、ペダリングのコツを分かっていないので結局踏み込んでいるんですよね・・今考えれば・・。

結構幸先いいなぁ〜と思いながら余裕ぶっこいてたら!!

笹目橋から数キロで幾つか「車止め」があるのですが、2つ目の車止めで「クリート外すの面倒だから」と車止めの脇の未舗装路をゆっくり通ったら!!

大きな石の上に乗ってしまいバランスを崩して

うっうわぁ〜〜〜スッテーーーン・・・ガシャン!!

そうです!生まれて初めての「転倒」を誰も転ばないような所でやっちまいました。

男とは面白い生き物です。まずした事は『左右の確認』

まずは『転んだのを誰かが見てなかったか』確認(笑)

そして・・

「あーーー!! チェーン外れてるじゃん!!」

あっ「もろにディーラーに傷が!!」

よくサドルバッグの持ち物に「軍手」入れているのはなぜか??と思ってましたが、その必要性が初めて分かりました。

チェーンをはめるのは簡単ですが手が恐ろしく真っ黒!!

気分良く走っていたド素人は一気に「テンションダウン」

沈む気持ちの中、野球場の隅の水場で落ちにくいオイルを必死で落としました・・。

荒川下流は木陰がない・・恐ろしい直射日光の中、悪戦苦闘

荒川の橋の下

生まれて初めての「立ちごけ」から沈む気分を無理矢理持ち上げなんとか前に進みます。

しかし!!今日の敵は「風」だけではありません!!

そう太陽です。本日の最高気温は35度を超す予定です。

荒川下流は走った事があるので「木陰が極端に少ない」事は分かっていましたが・・・

分かっていても対処はなく「太陽は淡々と照り」体力を奪っていきます。

唯一の木陰といっても過言じゃない「橋の下や電車の高架下」が唯一の安息の地なのです。

転んだ精神的ダメージと気温で10kmほどで橋の下で休憩。

本日は前回の反省を踏まえて「クロスバイクから無理矢理ボトルゲージを取って」ダブルボトル体制です。

ですが失った水分はハンパなく、この休憩で1本失いました。

荒川の下流は上流方向と違って「水分補給(自販機)」がルート上にほぼ無く、ルートから外れて自販機を探す必要があります。上流方向だと「秋ヶ瀬公園・山田うどん・川岸屋・榎本牧場」など沢山の自販機があり水分補給は割と楽にできます。

この後、走りながら水分を取る事を考えると「残り1本のボトルでは危ない!」と思い、早々に休憩を切り上げ、江北橋近辺なら少し知っているので自販機を探しました。割と楽に見つかりコースに戻る所で・・

スッテーーーン・・・ころ〜〜〜ん!!

先ほど突如やってきた「初体験」を済ませたばかりですが、またも「転倒」です。

少し坂になっている所で乗り始め漕ぎ始めたら「ギアが重いまま」で脚が回らず・・クリートも外せず・・「コロ〜〜ン」と転びました。

転ばなくてもいい所での「転倒2回目」。もー笑うしかなく、むしろ「ドジっこ」のような「新しいスキル」を手に入れた気分で誇らしささえ感じます(笑)

荒川下流に向かうにつれ「奴」が本気を出してきて、悪戦苦闘

二度目の「転倒」のダメージも癒え(主に精神的に)軽快に走り出しますが、下流に近づけば近づくほど「奴」=風は本気を出してきて「恐ろしい向かい風」の中を進みます。

「今日は敗北する訳にはいかないんだ!!」と、何と勝負しているか分かりませんが力を振り絞って走ります。

まだ目的地にも着いてないのに体力ゲージは「赤いランプ」が点灯しそうな勢いです。

少しずつ海の香りがし始め「終わりの匂い」がしてきます。

荒川は数キロ毎に「河口まであと○○km」という標識があるのですが、「1kmが永遠に思えるぐらい長い・・」

そして!!やっと荒川の河口に!!

河口付近も「木陰はほぼなく」看板の裏に隠れ「直射日光」から逃げます。「やばいなぁ〜復路の体力あるかな?」と不安がよぎりますが十分休憩して今日の目的地「葛西臨海公園」に向かいます。

レーパンに対する「恥ずかしさ」を葛西臨海公園というカップルだらけの場所で払拭する

葛西臨海公園 緑道

レーパン、僕はサラリーマンが会社に行くのに「スーツ」を着るように、荒川では「レーパンとサイクルジャージ」は「荒川での正装」だと思ってます。なので比較的レーパンを履くという行為をすんなり受け入れられたのですが、それは「荒川での話」。

実際まだレーパンへの「羞恥心」を完全に払拭している訳ではなく「お店に入る」などという行為を恥ずかしくてできないレベル。

あっ榎本牧場は別ですよ!! あそこにはレーパン仲間が沢山いるので違和感ないので(笑)

実際、初心者だった頃「レーパンって履いていると恥ずかしくなかったですか?」

なので無理矢理に「羞恥心」を捨てる為、あえて『カップルだらけの葛西臨海公園』に飛び込んでみました(笑)

上記の写真は木陰が多く、沢山のカップルがシートを敷いてイチャついてます。その中を「40近いおっさんはパンツも履かず薄手のスパッツのみ」で通りすぎます。


「タラララッタッタッタ〜」

「ド素人ローディーはレベル5上がった」


どこかで「ドラクエのレベルアップの音」が聞こえてきます。なんかレーパンへの羞恥心が少しずつ消えていきます。


これは行ける!!! レーパン万歳!!


そして調子に乗り「観覧車」という一番カップルの多い難関な場所で「愛機コルナゴ ストラーダSL」を「観覧車バック」でパチリ

葛西臨海公園 観覧車

「タラララッタッタッタ〜」

「ド素人ローディーはレベル5上がった」

僕の中の「羞恥心」は皆無といっていいほどなくなりつつあります。さらに調子にのって・・またもカップル地獄ともいえる場所「クリスタルビュー」へ向かいます。クリスタルビューは本ページのTOPにもある「海が一望できるガラス張りの展望レストハウス」です。

ここは僕の中で「最後の魔王城」みたいな所です。ここでカップルだらけの中、レーパン姿で愛機の写真をとったら「羞恥心」を完全に払拭する事ができるでしょう。

ここまでの戦いに打ち勝った僕には簡単なことです。ですがカップルの密度が濃い・・・スキンシップも濃い・・・心が折れそうですが勇気を振り絞ってパチり

クリスタルビュー

1枚じゃ飽き足らず・・接写でぱちり

もーレーパン姿の僕に怖い物はありません。衆人環視の中、さまざまなミッションに成功した僕には「もーレーパンでロイホに行けるレベル」です(笑)

さらに奥地に進みネズミ共の住処「ディーズニーランド」を海を隔ててですが見に行きます。

「ディズニーランドにレーパンで行ったらミニーは相手してくれるだろうか?」とバカな事を考えながら進みます。

葛西臨海公園は「海沿いですが緑が多く」非常に気持ちがいいのです。下記の写真のように木々が生い茂っていて木陰も多く本当に気持ちがいい。

ですが、奥の方(ディズニーランド側)は未舗装路になる道もあるので注意!!

十分「葛西臨海公園」を堪能してますが、ルイガノでやってきた海沿いに向かいパチり

よーーく見ると、大きなさざ波ができるぐらい風が!!強くなってきてますが・・帰りは「追い風」なのです。たぶん楽勝です・・とこの時点では思ってました。

追い風にのってビューーンと帰路へ・・が!しかーし!!

実は僕の中で「帰り道は極力同じ道を使って帰らない」という暗黙のルールがあったりします。

行きは「右岸」を通ったので帰路は「左岸」を通行して帰ります。

荒川下流域の「左岸」は人も自転車も少なく「とても走りやすい」んです。追い風も相まって「時速30km」近くで僕の中では「ビューーン」って感じで走ります。

それと前回「ルイガノ シャッセ」で暗い左岸を走行して帰りましたが、ちょっとした発見が

「総武本線」の高架をすぎてしばらくすると「かつしかハープ橋」というのがあります。地図上にも明記したので参照ください。そこの近辺はヘタクソな写真&ブレてて申し訳ないのですが下記の写真のように『スカイツリーと富士山』を撮影できる夜景スポットみたいなんです。

僕が訪れた11月の寒い夜に沢山の人が「三脚をたてて撮影」してました。

もし遅い時間に通る事があったら是非立ち寄ってみてください。すごくスカイツリーのイルミネーションと富士山の塩梅が美しい所です。

今日はまだ明るいのでさっと通り過ぎて笹目橋へ向かいます。

けっこう頑張って踏み込んでしまったようで・・どんどん「脚が回らなくなって」きます。ヤバいこないだの二の舞だ!

と思っても「時は既に遅し」

途中、荒川では有名な「みはらし茶屋」で休憩。そこで写真をパチリ

休憩しても失った脚の力は中々戻りません。さらに!!

今まで助けてくれていた「追い風」が「みはらし茶屋」を過ぎてから「やや向かい風」になってきます。

ここにきてなぜ向かい風なんだぁ〜〜〜〜

やっばい・・HPが!!なくなるぅぅぅぅぅ

そんな恨み節のような僕の叫びを恐ろしい風がかき消していきます。

「あ〜もーダメだ!!」

後5kmほどで笹目橋です。そんな中「ロードバイク納車編」でも書いた「チネリのロードバイク」に乗ったおっそろしい早さのローディーがまたも通り過ぎていきます。

はたしてあの人なのかは分かりませんが、よし「最後の力を振り絞ってこの人が視界から消えないように」頑張ってみよう!

と、あらたなペースメーカーを手に入れ必死でついていきますが!!

はっ早い・・・無理だ〜〜〜〜!!

あの人は「あの向かい風の中」どうして早く走れるのでしょうか?? 超人なんですか??

と、別次元の人間を勝手にペースメーカーにして撃沈

この後は記憶が吹っ飛ぶぐらい「ヒ〜ヒ〜」いいながら笹目橋に到着。

もー辺りは暗くなり始め・・笹目橋の土手の上からは空気が澄んでいると「富士山」が見えます。うっすら富士山が見え写真をパチリ

そして今日のまたも惨敗し疲労困憊の中、唯一の光は「今日の夕焼けが綺麗」だった事だけかも(笑)

本日の教訓・・・

  1. ペダリングを学ぼう!!
  2. 向かい風でも軽いギアでクルクル、マイペース
  3. ケイデンスをはかりたい。サイコン必須かも
  4. レーパンは荒川の正装だ!!(笑)
  5. 恥ずかしと思っているのは案外自分だけかも!? 実際人はそんなに他人を気にしてない
  6. 今日も肩と首が・・・痛い・・まだ乗り馴れない

まだ乗り始めて3回目。またも敗北感を抱え終了。まだまだ「日本海は遠く先」の目標です。90kmでバテているようじゃ日本海へはたどり着けません。

「まだ乗って乗って乗りまくって、自分に負荷をかけていかないと残念な自分になりそう」

精進あるのみです。

今日の大きな収穫は・・・

レーパンへの羞恥心を捨てられた事が一番の収穫かもしれません。(笑)

今日の惨敗の走行記録は・・・

荒川サイクリングロード下流 笹目橋〜葛西臨海公園 地図

Pocket


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 thoughts on “荒川サイクリングロードから葛西臨海公園へ

  • SASA

    自分も荒川CR中心にロードに乗ってるおじさんです。
    自分と同じ道を走っているはずなのに、なんだいこのすばらしい景色は。
    デザインをやる人の目に映っているもの違うんだなぁ。。
    ところで、この記事の右岸左岸は逆な気がします。

    • anysense Post author

      SASAさんはじめまして!
      コメントありがとうございま〜〜す♪
      この時は・・まだロードバイクに乗り始めで・・しかーも暑さで・・グッタリ(笑)
      そんな中、パチリしてたらこんな感じで撮れちゃいました。
      最近は特に下流がご無沙汰ですが・・荒川CRでも季節の変化が楽しめて本当いい感じっす!

      あっ・・・ほんとだ・・・右岸左岸逆ですね(汗)
      直しておきます。

      まっく〜〜ろなコルナゴに乗っております!
      荒川等で見かけたら是非お声がけ下さい♪