埼玉県免許センターに行くついでにサイクリングとおいしいランチを楽しむ


Pocket


鴻巣市にある埼玉県免許センター

免許更新の時、人によっては「鴻巣市にある埼玉県免許センター」に行くかと思います。特に東京寄りの埼玉県に住んでいる方は本当にあそこは遠いですね・・。

実は自分は東京在住だし、免許ないし「埼玉県免許センターとは無縁」なんです。先日、友人が免許の更新に「鴻巣にある免許センター」に行くというのを聞き、その人が講習や更新手続きをしている2〜3時間鴻巣をサイクリングしようと思ってクロスバイクを車に積んでもらって行ってきました!! 

埼玉県免許センターの裏手にある「元荒川」沿いを走り未舗装路を迂回しつつ荒川左岸「県央ふれあいんぐロード」を通り埼玉県免許センターに戻る約30kmを走ってきました。

そこで思ったのは「せっかく鴻巣に来たのならばサイクリングやおいしいご飯を食べて」帰るのは『いい時間の使い方』だと思ったので当日走ったルートとルート沿いから行けるイタリアン「アドマーニ鴻巣店」を紹介します。

元荒川を走る



朝8:30からの受付開始に間に合うように東京を7時に出発。外環など高速で鴻巣へ。8時15分頃に鴻巣市の埼玉県免許センター着。さっそくクロスバイクを組み立て準備開始!

荒川サイクリングロードや県央ふれあいんぐロードは走った事があるのだけど、元荒川を走る事は中々できないのですっごく楽しみ。友人はなが〜い講習の為、受付へ。11時半を目安に戻ってくる事を確認し早速出発。

まずは免許センターの駐車場をでて裏手にある「元荒川の左岸」を目指して進みます(上記写真は「免許センター裏の元荒川左岸の風景)。

埼玉県免許センターの裏手に流れるのは「元荒川」。

そもそも「元荒川」とは・・・

「元荒川」
元荒川(もとあらかわ)は、埼玉県を流れる利根川水系で中川支流の一級河川である。その名のとおり、荒川と利根川が合流していた時代の荒川の本流であった。

wikipediaから引用


しばらく川沿いを走ると「三谷橋(さんやはし)」に着く。写真は「三谷橋」からの元荒川の風景。

三谷橋沿いには鴻巣市を散策するための「鴻巣市ふるさと総合緑道(大きいサイズの写真はこちらから)」とい看板があって元荒川などの散策路を紹介している。

この「鴻巣市ふるさと総合緑道」はマイナーらしく検索をかけてもほとんど情報がない・・。

もしこちらの看板を参考にする場合は下記の事に注意してください。

  1. こちらの散策路は自転車向けでないので注意!未舗装路もかなり含まれてます。
  2. 歩きの方も「夏や除草してない時期」は「草が生い茂り道が見えない部分も多い」ので路面確認をして進むようにしてください。


元荒川は用排水兼用の農業用水路でもあるようで4基の取水堰(農業用水)が設けられている。三谷橋の上流側には「宮地堰」が下記の写真のようにある。


「宮地堰」の脇を抜けるとのどかな田園風景の中を走る。

本当に川の近くをコンディションの良い舗装路を走れるし、こんな水田の中を走れる事なんてめったにできない!もしかしたらこの道は大正解かも!と思ったら・・

水田のど真ん中で「ぶっつり道は切れ未舗装に」・・・しかたなく「上越新幹線」の方へ向かう。


元荒川の未舗装路を迂回して一般道へ


水田の中を進みながら「上越新幹線の高架方向」へ進む。これがかなり正解で上越新幹線の高架脇の道は「まっすぐ1本に伸びていて」本当に気持ちがいい。

新幹線の中から見た水田の風景はここだったんだと思うとなんだか感慨深い。

一つ目の信号を渡ると上記写真の所に出る。脇には遊歩道があり舗装されているので自転車も走れそうだ。

少し走ったら「熊谷バイパス」へ抜け「元荒川橋」を渡る。下記の写真は「熊谷バイパスの元荒川橋」からの風景。


熊谷バイパスの元荒川橋を渡ったすぐの「筧田(北)交差点」右折し直進。後は地図の通りに進むと下記の写真「さきたま緑道」にでる。

「さきたま緑道」はJR北鴻巣駅前の「鴻巣市赤見台近隣公園」から、武蔵水路に沿って「さきたま古墳」までの約4.5kmの遊歩道。詳しくは一般財団法人 公園財団のHPで

本ルートの地図にも「寄り道」として「さきたま緑道」のコースを明記したので参照ください。木陰が多く夏でも日差しを避けながら走れそう。沢山のアートのオブジェがあったり、紅葉はきれいみたいなので機会があれば自分も行ってみたい。

武蔵水路は2015/06現在、河川工事をしている所が多く橋を渡れない場所もあるので状況確認してから進んでください。本ルートの地図上にも明記してます。


しばらく地図に従って進みます。1つ注意点があり地図上にも明記してますが、さきたま緑道以降の元荒川はu字を書くように蛇行します。未舗装で自転車の場合も徒歩の場合も川沿いは道が見えないぐらい草が生い茂っているので進むのは難しいかと思われます(2015/06現在)。

川沿い近くの一般道を進む場合は距離が長くなりますが「三ツ木堰・消防学校など」を通ります。下記の上段は「中山道、三ツ木橋から下流側の風景」中段は「三ツ木堰付近の風景」下段は「消防学校の訓練風景」です。

ちなみに埼玉県消防学校の脇の元荒川沿いの道はすぐに「未舗装路」になるので地図通りに進んでください。距離を短く効率的に進みたい方は地図上の「元荒川舗装路までの近道」を使用して進んでください。



再び元荒川沿いを走る

やっと元荒川沿いを舗装路で走れます!

ここからは「両岸約2.6kmに500本の桜並木」が整備されている春には沢山の人が訪れる場所で下記の写真の緑がピング色に染まると思うとすごく綺麗ですよね。春には絶対訪れたい場所。

またここは鴻巣観光協会から「橋づくし散策 コース」として紹介されている。中でも橋梁群は近代土木遺産に選定された貴重な橋梁群をみる事ができる。トップやアイキャッチ画像、下記の写真は「新佐賀橋」という昭和8年に作られた趣のある古い橋です。

「元荒川橋づくし散策マップより」
 吹上地域を8km流れ、区間には17(市域では23)の橋が架けられています。これらの橋梁群は土木学会の「日本の近代土木遺産」に選定されました。  なかでも、鉄道の古レールを使ったアーチ橋群は、一級品の土木構造物であり必見です。最高位のランクに評価されています。
鴻巣観光協会「橋づくし散策map」から引用(のちほどリンクは追加します)


吹上周辺の元荒川はよく整備されており道のコンディションも比較的良く走りやすい。下記は川沿いの風景。

基本的には「右岸でも左岸でもOK」ですが本ルートの最後の橋の「洲崎橋」を過ぎて高崎線の通る「鉄橋」近辺は未舗装の為、自転車は進むのが難しい。地図通りに進み「荒川左岸、県央ふれあいいんぐロード」に接続する事をおすすめします。


県央ふれあいんぐロードへ。やっぱり荒川は走りやすい。

元荒川から「荒川左岸」「県央ふれあいんぐロード」へ入ります。走りながら思ったのは「やっぱり荒川はいい」。

最近、大規模で本格的なサイクリングロードは走って無かったのでなおさら走りやすさを感じてしまった。

多くの方がご存知だとは思うが通称である「荒川サイクリングロード」略称「荒サイまたは荒川CR」は中流域以降は右岸がそうであって左岸は「県央ふれあいんぐロード」という名称。

道が細く、蛇行する所が多いのでロードバイクの方には走りづらいとの評もありますが、クロスバイクの自分はあまり気にならずむしろ走りやすい道です。

実は訪れるのは2回目。前回は下流(笹目橋)から上流(熊谷)に向かったので今回は逆に走るから新鮮ですっごくよかった。下記は元荒川から「荒川左岸」「県央ふれあいんぐロード」に入ってすぐの風景。


しばらく「荒川左岸」「県央ふれあいんぐロード」を走ると日本一長い「水道橋」が見える、天気がいいと山並みが見えるのだけどこの日は午後から「大雨注意報」がでている日で曇りで靄がかかって見えなかった・・残念。

この辺は東京方面から来る人は往復で100kmぐらいになるのでクロスバイクの人は躊躇するかもしれない。けど鴻巣を起点とする「免許の更新ついで」なら30kmほどのルートだから気軽に来れる。下記は水道橋の風景。



水道橋を過ぎてしばらく道なりに進むと地図上のピンクのライン部分(アドマーニ接続路)にでる。

お昼は是非「アドマーニ鴻巣店」をおすすめします。まず、荒川(県央ふれあいんぐロード)からの接続がかなりしやすい事が一つ。自分は連れがいたので車で来ましたが、ルート上から800mぐらいしか離れていないのでかなり来やすいです。

のちほどアドマーニは別項で紹介します。

アドマーニでの昼食が終わったら元のルートに戻り進みます。しばらくすると下記の写真「武蔵水路」が見えてきます。もう鴻巣近辺なのでゴールまであと少し!!


武蔵水路を過ぎ「御成橋」が見え始めると「荒川左岸」「県央ふれあいんぐロード」ともお別れです。

御成橋の近辺は「川幅日本一2537m」で標柱があったりします。さらに名物で「こうのす川幅うどん」という麺が川幅日本一のように横幅がなが〜いうどんがあります。実は自分は食べてないので次回は是非食べてみたい!!

下記の写真は本ルート終わり近辺の荒川の風景。免許センターへの道は基本的に走りやすい所を進んでください。本ルートで示しているのは「川幅日本一の標柱や勝願寺」などちょっとした市内観光をできるルートにしてます。

おいしいご飯で至福の時


腹ぺこサイクリストに最高の至福の時「ランチ」!!すでにこのルートを走っていると500〜700kalを消費しているはず。

そんなサイクリストのお腹を満たすのは「アドマーニ鴻巣店」。

いつか行きたいイタリアンの一つだったのですが、免許更新ついでなら気軽にこれます。コース途中で行ってもいいし、免許センターに戻って車で向かってもいい。

自分は友達がいたので車で向かいましたが着いたのは12時ちょっと過ぎ。駐車場はほぼ満杯、席を待っている人も多数いました。人気とは聞いていましたが、実はここかなりへんぴな所にあるのに、こんな沢山の人が!と驚いてしまいます。

バイラックは無いのでロードバイクの人は注意。

この日は「ランチプレート」プラス「ケーキ」を付けましたが「このプレートかなりのボリューム」ちょっとケーキを食べるのが辛かったぐらい。ここの野菜は無農薬野菜らしく野菜好きには嬉しい。すこーしチキンの香草焼きの塩味がキツかったですが、全体的にバランスよくおいしかったです。

お店の詳細はこちらのエキサイトウーマンで。

最後に・・

自分は何かの理由で遠出したりするなら、精一杯その土地を楽しみたいと思っているタイプ。

今回は友人が免許センターに行くのに便乗してクロスバイクを乗っけてもらい鴻巣までいったけど、なかなか有意義な時間が過ごせた。

今回の事がなければ「元荒川」を走るなんて考えなかったし・・実際走ってみると中々いい所。のんびりしているし田園風景の中走るのはとっても気持ちがいい。ポタリングにも最適。

是非みなさんも埼玉県免許センターに行くならばついでにサイクリングや観光するのもいいかと思う。

それと初めて車にクロスバイクを乗っけたけど、輪行袋必要だなぁ・・もしくはそれに変わるもの。チェーンのオイルで車を汚してしまう可能性あるし、クロスバイクでも輪行袋あれば行ける範囲が広がる。ロードバイクを買ったらマストアイテムだと思ってたけど・・クロスバイクでもあった方が利便性が上がると思い始めた。

下記はオーストリッチの軽量型の輪行袋。それとリアエンド金具は必須みたい。クロスバイクの場合は必ず対応をしっかり調べて買いましょう!!近い内に購入したら記事をあげますね。

OSTRICH(オーストリッチ) 輪行袋 超軽量型 [L-100] ブラックOSTRICH(オーストリッチ) 輪行袋 超軽量型 [L-100] ブラック

OSTRICH(オーストリッチ) 2011-05-16
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る>

元荒川〜県央ふれあいんぐロード サイクリング マップ

Pocket

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です