落合川 サイクリング


Pocket

落合川バナー


落合川 概要

落合川は黒目川の支流で全長4kmほど。神宝大橋付近で黒目川と合流します。落合川は湧き水で有名なのですが、都内で唯一「落合川と南沢湧水群」は、「平成の名水百選」に選ばれた清流です。

流れは緩やかで水温も安定しているので子供達があちこちで水遊びする姿がみられます。また野鳥など生き物も豊富であちこちで写真を撮る姿が見られます。

サイクリングとしてはあまりに短い距離なので黒目川サイクリングとあわせるとちょうど良いのかもしれません。短いのでウォーキング・お散歩コースとしても最適です。

「落合川いこいの水辺」は芝生も綺麗で直接水辺にもおりられる事から沢山の子供達が遊んでいます。また「南沢緑地」は「東京の名湧水57選」にも選ばれておりともても豊富で澄んだ美しい涌き水を見る事ができます。その他、新東京百景に選ばれた「竹林公園」、古くから湧水の守護神として祀られてきた「南沢氷川神社」、鎌倉時代の創建と伝えられている「多聞寺」など距離が短いわりに沢山の見所が凝縮されています。

落合川 サイクリング 概要

本ルートは全長約4kmとかなり短いので黒目川サイクリングと合わせ行くのがおすすめです。

路面に関しては良く整備されており舗装路を走る事ができます。よってどんな自転車でも走行可能ですが距離が短いことから、がっつり走りたい!という方には不向きです。

また黒目川サイクリングと合わせていく場合は「黒目川のおすすめバイクカテゴリー」を優先して参照ください。

都内近郊で有数の涌水・清流をのんびり走りたいって人には是非おすすめです。

こじんまりとした森ですが行く際は「南沢緑地」には是非立ち寄ってください。

下記は落合川単体のおすすめバイクカテゴリーです。

落合川 ウォーキング 概要

ウォーキングの方は上記の写真の地図を参考に歩いてみてください。落合川の見所を網羅したMAPです。大きいサイズの地図はこちらから

電車で落合川に行く場合

西武池袋線「東久留米駅」より徒歩10分

本ルートでは途中から始まる感じになります。東久留米駅から徒歩の場合は落合川「美島橋」が始点になります。 詳しくは下記の地図を参照ください。

落合川 サイクリング・ウォーキング 地図

*地図中の「撮影ポイント」はspecial siteのスライドのNoと連動してます。

黒目川から落合川へ Root1

*落合川サイクリングRoot1 1(左記のNoは地図上の撮影ポイントとリンクしてます)

落合川サイクリングは黒目川との合流地点である上記写真(Root1 1)の神宝大橋からはじまります。全ルートの距離が短いので黒目川のサイクリングとあわせ、寄り道感覚で行くのが良いかと思います。

落合川は概要にも記載した通り短い距離の間に見所が凝縮されているので是非時間をかけて回ってください。とにかく水が豊富でとても綺麗です。

*落合川サイクリングRoot1 9(左記のNoは地図上の撮影ポイントとリンクしてます)

スタートである神宝大橋からしばらくは上記写真(Root1 9)のような住宅街の中を流れる川沿いを進むような感じです。ただ他と少し違うのは下記の写真(Root1 10)の水を見れば分かるかと思いますが水が透き通っていてとても綺麗なんです。清流って言われるのも納得できます。

*落合川サイクリングRoot1 10(左記のNoは地図上の撮影ポイントとリンクしてます)

しばらく進むと下記の写真(Root1 13)の「西武池袋線の高架」が見えてきます。この高架から右方向が東久留米の駅になります。

*落合川サイクリングRoot1 13(左記のNoは地図上の撮影ポイントとリンクしてます)

落合川サイクリング 落合川いこいの水辺 Root2

*落合川サイクリングRoot2 2(左記のNoは地図上の撮影ポイントとリンクしてます)

ここから落合川のハイライトが続きます!

 

まず上記の写真(Root2 2)は「美島橋」付近の写真です。電車で東久留米駅から徒歩で落合川に来た方はここが落合川の合流地点(始点)になります。

「新東京百景に選ばれた竹林公園」は帰宅途中に行ったのですが、シグマdp2sのバッテリーが切れて・・写真がないのです・・いずれ追加します。 竹林公園はこの「美島橋」を渡り少し歩いた所にあります。沢山の竹林の中を歩く事ができるとても気持ちの良い場所です。

下記の写真(Root2 3)はポタリング途中に偶然であった「サギ」という野鳥です。 けっこう大きい鳥で「なんだーー!!あれは??」と急いでカメラを構えた覚えがあります。あまり野鳥の名前に詳しくないので帰宅してから調べました(笑)

*落合川サイクリングRoot2 3(左記のNoは地図上の撮影ポイントとリンクしてます)

下記の写真は(Root2 4~7)は「落合川いこいの水辺」です。

「落合川いこいの水辺」は遊歩道から直接水辺に行け水遊びできるようになってます。その日は近くの小学校の子供達が野外学習の日だったようで、水辺の生き物の説明を芝生の青空教室でうけており、その後水遊びしていました。こんなことが東京でできるなんで!とちょっと感動。ホント幸せな環境ですね。

*落合川サイクリングRoot2 5(左記のNoは地図上の撮影ポイントとリンクしてます)

*落合川サイクリングRoot2 6(左記のNoは地図上の撮影ポイントとリンクしてます)

*落合川サイクリングRoot2 7(左記のNoは地図上の撮影ポイントとリンクしてます)

落合川いこいの水辺は芝生も綺麗なのでお弁当を持っていってシートをひいて「水辺でランチ」ってのもいいかもしれませんね!!

落合川いこいの水辺を過ぎると一般道にぶつかり横断する事になります。この横断する橋は「毘沙門橋」といいますが、ここを横断せず右折すると 『多聞寺』に行く事ができるので興味のある方はよってみてください。

自転車の場合は少しこの先、道が細かいので地図を参照の上進んでください。

落合川サイクリング 南沢緑地 Root3

*落合川サイクリングRoot3 2(左記のNoは地図上の撮影ポイントとリンクしてます)

少しここから川沿いを外れ「南沢緑地」に向かいます。この南沢緑地は「東京の名湧水57選」に選ばれた場所で本当に澄んだ美しい水が流れています。

上記の写真(Root3 2)は「南沢氷川神社」でここを右折すると南沢緑地につきます。下記の写真(Root3 3)も南沢氷川神社ですが、中々美しい神社です。 この神社は古くから湧水の守護神として祀られてきたそうです。

*落合川サイクリングRoot3 3(左記のNoは地図上の撮影ポイントとリンクしてます)

下記の写真(Root3 4)は南沢氷川神社の前なのですが、この小川?を伝って落合川にきれいな涌き水が流れ込んでいるようです。

*落合川サイクリングRoot3 4(左記のNoは地図上の撮影ポイントとリンクしてます)

下記の写真(Root3 6)が南沢緑地の入口です。こじんまりとした小さい森なのですぐに回る事ができます。「東京の名湧水57選」の場所へは「場所の保全のため入る事ができません!」ので注意。名湧水57選の記念碑?は遊歩道沿いにありますが涌き水の元を残念ながら見る事はできません。

ここは本当に東京??と疑いたくなるぐらい緑と土の匂い、澄んだ美しい水があり本当に居心地の良い空間です。

*落合川サイクリングRoot3 6(左記のNoは地図上の撮影ポイントとリンクしてます)

下記の写真(Root3 8,10,12)も南沢緑地です。

*落合川サイクリングRoot3 8(左記のNoは地図上の撮影ポイントとリンクしてます)

*落合川サイクリングRoot3 10(左記のNoは地図上の撮影ポイントとリンクしてます)

*落合川サイクリングRoot3 12(左記のNoは地図上の撮影ポイントとリンクしてます)

南沢緑地を後にしたら地図の通りに住宅街を抜けて「落合川」へ戻ります。少し細かい道なので迷いそうだったら来た道を戻り進んだ方がいいかもしれません。 また落合川ウォーキング概要で紹介したMAPでは南沢緑地から折り返して駅に戻るルートになってます。

後少しで落合川のサイクリング・ウォーキングも終わりです。

落合川サイクリング Root4

*落合川サイクリングRoot4 1(左記のNoは地図上の撮影ポイントとリンクしてます)

いよいよ最後のルートです。

特に見所はないのですが、のんびりとした雰囲気があり気持ちの良い川沿いサイクリングができるはず。 上記の写真(Root4 1)は「こぶし橋」付近の風景です。南沢緑地から地図通りに向かった場合はこの「こぶし橋」に出ます。

*落合川サイクリングRoot4 5(左記のNoは地図上の撮影ポイントとリンクしてます)

上記の写真(Root4 5)のように少し暑い日はこうやって子供達が川で遊んでいるのを見かけます。黒目川もそうですが、本当にこういった自然とふれあえる場所があるというのは幸せな事だと思う。

*落合川サイクリングRoot4 12(左記のNoは地図上の撮影ポイントとリンクしてます)

上記の写真(Root4 12)はほぼ終点に近い場所です。この辺の落合川は草に覆われていて川が見えません。

*落合川サイクリングRoot4 13(左記のNoは地図上の撮影ポイントとリンクしてます)

上記の写真(Root4 13)が自転車で行ける落合川の終点(始点)です。青い看板で「落合川」と書かれているのが見えるかと思いますが徒歩の場合はここを歩ける?みたいですが、2015/05/26に訪れた時は草が生い茂っており水の流れは見えないし通路?も草で隠れてしまっていました。

興味がある方は「落合川 源流」と検索するとこの先の情報が見るかるかと思います。

この後は来た道を戻ってもいいですし、黒目川をサイクリングしていた方はこちらのページの地図を参照して「黒目川サイクリング」を継続してください。黒目川サイクリングの地図には「落合川から黒目川に向かうルート」を明記してます。

最後に・・・

東京で清流って響きを聞くのは珍しくないですか??

清流っていうと僕は昔訪れた「四万十川」を思い出してしまうのですが、まさか東京にもそう呼ばれる川があるとは思ってもみませんでした。 もちろんまったく四万十川とは規模が違いますが落合川も本当に水が綺麗!!これに尽きます。

また距離が短い割に沢山の見所もあり飽きない時間を過ごせるのではないでしょうか?

西武池袋線の東久留米駅からも近く、徒歩でも十分可能なので是非、都内近郊にお住まいの方は訪れてみてください。

黒目川もそうですが、一人でのんびりサイクリングしていると、ついご飯やおいしいお茶に考えが行かず・・・ ご紹介できるものが無いのですが・・・

いずれ「おいしご飯」「カフェ」など紹介できたらなと思ってます。

「小さな旅」でも「ご飯・お茶・スイーツ」大切ですよね!!

落合川 サイクリング スペシャルサイト

全ルートを写真で紹介したスペシャルコンテンツです!

迷いそうなシーンでは矢印が入りルートをナビします。

上記までのコース紹介は「簡易版」ですが こちらはさらに写真枚数が増えた「完全版」です!!

SPsite

推奨:PCのブラウザでご覧ください。*スマホで閲覧の場合レイアウトが崩れる所があります。

注意:タテスクロール型のコンテンツで写真使用枚数が多いので重いです。

Pocket

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です